FC2ブログ




アルファガンソリューション0.15%



Allergan(アラガン)社のアルファガンソリューション(ブリモニジン)は、アルファガンP開放隅角緑内障または高眼圧症の眼圧を下げる作用のある緑内障治療点眼液です。

目の中には房水という水分が循環しており、この房水が圧力をかけ目の形を崩さず維持し、常に一定の眼圧をかけることで目の健康維持をしていますが、房水の循環が弱り房水の量が増えすぎると、眼圧の上昇、視神経の圧迫、視野狭窄、視力低下などの症状が生じ、このような状態が高眼圧をともなう典型的な緑内障といわれております。

アルファガンソリューションの成分であるブリモニジンは、アドレナリンα2受容体に選択的に作用し、房水生成を抑制し、房水流出経路の副経路であるブドウ膜強膜流出路の流出を促進することで、眼圧下降効果を示します。

アルファガンソリューションは、日本において同成分を使用した薬にはアイフィガン点眼液0.1%(武田薬品工業)があり、緑内障における他の治療方法で効果が不十分又は副作用等で使用できない場合に使用されることが検討され、眼圧を下げるのに適した点眼薬です。

アルファガンソリューション0.15%


2019_11_12



ドルゾックス点眼薬5ml



ドルゾックス点眼薬は、眼圧を下げる作用があり、緑内障や高眼圧症の治療に用いられます。

目の中では房水という水分が循環していますが、この房水が充満しすぎると、眼圧が上がって視神経が弱ったり、視野が狭くなったり、視力が落ちたりします。このような高眼圧にともなう目の障害を緑内障と呼びます。

ドルゾックス点眼薬の有効成分であるドルゾラミドは、房水の生成を触媒する炭酸脱水酵素の作用を抑えることで、房水の生成を減らして眼圧を下降させます。炭酸脱水酵素の作用を抑えて眼圧を下降させる内服薬は存在していましたが、副作用が多いことが問題でした。しかしドルゾックス点眼薬は、点眼による処方であるため、副作用が軽減されています。

ドルゾックス点眼薬は、房水生成を抑えて眼圧を下降させる作用をもちますので、房水排出を促す点眼薬との併用で、さらにすぐれた眼圧下降作用が期待できます。

ドルゾックス点眼薬5ml


2019_11_12



AvvaSR250mg100caps



アセタゾラミドは、緑内障、てんかん、肺気腫における呼吸性アシドーシスの改善、心性浮腫、肝性浮腫、月経前緊張症、メニエル病及びメニエル症候群、睡眠時無呼吸症候群に効果を発揮する治療薬です。

アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素を特異的に抑制する働きがあります。炭酸脱水酵素は賢上皮、赤血球、脳、毛様体上皮等に存在し、生体内で炭酸ガスと水から炭酸を生成する可逆反応にあずかる酵素です。

緑内障への効果は、毛様体上皮中に存在する炭酸脱水酵素の作用を抑制することによって房水の産生を減じ、眼圧を低下させるためであるといわれています。また、賢上皮において炭酸脱水酵素の働きを抑制し、Naの尿細管からの再吸収を抑制することによって、利尿効果も発揮します。そのほか、アセタゾラミドによる体内貯留水分の排泄、神経系に対する抑制作用により、月経前緊張症の症状を改善するといわれています。

AvvaSR250mg100caps


2019_11_12



【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)



【クララスティル(Clarastill)】は、白内障の症状を改善する目薬となります。
白内障とは、加齢にともない細胞内の酸化防止剤が減退し、酸化が進むことにより目の水晶体が傷つき白濁する症状です。
また最終的には失明にまで至ることもあります。

クララスティル(Clarastill)の有効成分「Nアセチルカルノシン」は、人間の細胞内で複合アミノ酸を生成し、強い酸化防止剤(カルノシン)の働きをもたらします。

点眼後、Nアセチルカルノシンは、人間の目の中でカルノシンに変化し、眼球の水溶液に直接入りこみ強力な酸化防止剤として働きます。
カルノシン不足が原因となり濁っていた水晶体は、充分な酸化防止剤を吸収し白内障の症状を改善していきます。

白内障の有効成分「Nアセチルカルノシン」は、現在、世界的に注目されているロシアのマーク・バビザエフ博士により発明され、白内障治療に高レベルでの治療効果をもたらす目薬です。

【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)


2019_11_12



シフランアイドロップ10ml



Ranbaxy Laboratories社のシフランアイドロップは、ニューキノロン系の抗菌薬です。

シフランアイドロップは菌を殺し感染を治療する目薬です。シフランアイドロップには、薬効成分としてシプロフロキサシンが含有されています。

シプロフロキサシンは細菌を殺し、結膜炎、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼炎、角膜炎などの感染を治療します。

シプロフロキサシンは、抗菌成分の中でもニューキノロン系に分類されます。グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広い抗菌スペクトルを有します。強い抗菌力と、各種病原細菌に対して殺菌的に働くことが特徴です。

シフランアイドロップ10ml


2019_11_12


11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ




page
top