FC2ブログ




セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


スポンサーサイト



2019_10_12



セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


2019_10_12



【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


ブラフミーは、記憶力を高め、集中力を高めることができるお薬です。

日本ではあまり知られておらず未承認ですが、海外では記憶力・集中力向上のために一般的に使用されている成分を使用しており優れた効果を得ることができます。

主に注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療や、中高年の脳の老化予防のために使用されています。

ブラフミーは、1930年に創業された100年近い歴史を持つインドの有名な製薬会社であるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売されています。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいてアーユルヴェーダ生薬を使用して製造されています。

アーユルヴェーダとは、ギリシャ・アラビア医学、中国医学とともに世界3大伝統医学といわれています。

アーユルヴェーダは医学の知識だけでなく、生活の知恵、生命科学、哲学などの概念も含まれており、インドの民衆のための医学とされています。

病気の治療と予防だけでなく、健康の維持・増進、若返りなどについても探求されているのが特徴です。

日本にも実はアーユルヴェーダの概念は浸透しており、歴史は古く6世紀ごろから仏教とともに伝えられています。

日本の風土とアーユルヴェーダがうまく混ざり合い現代まで伝えられています。

日本特有と思われている座禅や、精進料理、乾布摩擦、温泉に入るなどの行為は、実はアーユルヴェーダと共通している概念です。

アーユルヴェーダの薬は、天然に由来する動植物からなる生薬が利用されていることが多いです。

約2,000~2,500種類の生薬があり、それぞれの薬効ごとに患者の症状にあわせてアーユルヴェーダ医師が生薬を組み合わせて薬を調合します。

これらの生薬には薬効が不明とされているものもありますが、多くの生薬が現代医学において作用機序が解明されており、本当に効果があることがわかっています。

日本ではあまり知られていませんが、ブラフミーに含まれている生薬であるバコパモニラエも記憶力・集中力を高めることができるとして海外では多くの方に愛用されています。

効果は強力ですが天然成分由来のため、副作用や依存症を起こすことがなく、安心して使用することができるので人気です。

【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


2019_10_12



タミフルジェネリック


A型およびB型インフルエンザウィルス感染症(通称インフルエンザ)に対する治療薬として世界中で使用されているタミフルにジェネリック医薬品が登場です。

1カプセルに有効成分として先発品と同じオセルタミビルを75mg含有しています。有効成分オセルタミビルは、服用すると体内に吸収され、肝臓に移行し、肝臓に存在する酵素によって抗ウィルス活性体に変換されます。変換された抗ウィルス活性体はインフルエンザウィルス感染部位に速やかに移行し、治療効果をあらわします。

オセルタミビルは、ウィルスの増殖サイクルに必要な酵素であるノイラミニダーゼに特異的に結合し、その酵素の働きを阻害することでウィルスの増殖を抑制します。インフルエンザウィルスに感染すると、1~3日間ほどの潜伏期間を経て、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉・関節痛、咳、鼻水などの症状が急にあらわれ、1週間程度症状が続きます。

インフルエンザは、風邪と比較して全身症状が強くあらわれ、高齢者や持病のある方ではもともとの病気が悪化したり、呼吸器に二次的な細菌感染を起こしたりすることが知られており、入院や死亡する危険性が高まります。

インフルエンザウィルスは、感染してから症状があらわれるまでの24時間に急速に数を増やし、発熱などの症状があらわれてから48時間以内にウィルスの複製・増殖のピークに達します。オセルタミビルの治療効果を十分にあらわすには、可能な限り早めに服用し、ウィルスの増殖を抑制する必要があります。そのため、インフルエンザの症状があらわれたら2日以内に薬を服用するのが推奨されています。

また、オセルタミビルはインフルエンザの予防効果もあり、服用している間は予防効果が続きます。受験やテストなど、どうしても外せないイベントがあるときにインフルエンザ予防のために服用することができるので多くの方に愛用されています。

感染した時も早めの服用が効果的だったり、つらい発熱時に病院を受診する手間が省けるなどの理由もあり、常備薬として手元に置いている方も多いです。

タミフルジェネリック

2019_10_12



アシトロム (ニクマロン) 2mg

アシトロム (ニクマロン) 2mg


アシトロムは血栓の塞栓による様々な症状の改善や予防に用いられる薬剤です。一般名はアセノクマロールです。アシトロムは国内では未承認の医薬品になります。アシトロムは体内でのビタミンKの働きを妨げる事で血液が凝固しにくくし、血栓ができるのを妨げる働きを持つ薬剤です。同じような働きを持つ薬剤にはワーファリンがあります。

血液が凝固するプロセスには多くの因子があります。このように血液が凝固するのは、外傷などで出血が起こった際に傷口をふさぎ、多量の出血を防ぐ身体の機構があるからです。一方で、血管の中で不適切に血液が凝固してしまうと血栓が生じ、血管内の血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こします。アシトロムのような抗凝固薬は、血液を凝固させる因子のうちでビタミンKを利用して血液を凝固させる因子に働きかける薬剤です。アシトロムがビタミンKの働きを妨げる事で、これらの因子は働けなくなり、血液を凝固させる事ができにくくなります。このようにしてアシトロムは血栓が生成される事を妨げ、様々な塞栓症を改善、予防します。

アシトロム (ニクマロン) 2mg


2019_10_12



ゴクシュラヴァルナディ|JIVA


ゴクシュラヴァルナディ|JIVA


ゴクシュラヴァルナディは、様々な尿トラブルを解消することができるインドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて製造されたシロップです。

代表的なアーユルヴェーダ生薬を数多く配合しており、強力な治療効果が期待できます。

とくに、ゴクシュラヴァルナディにはショウガやゴクシュラが配合されており、それによって様々な尿トラブルの解消のために働いています。

尿路の感染症や炎症があればそれを癒し、尿路に結石があればその石を砕いてくれます。

ゴクシュラヴァルナディは、頻繁に膀胱炎などの尿路感染症になる方、尿路炎症(膀胱、尿道、前立腺)のある方、排尿障害、尿路結石などの尿トラブルがある方の使用が推奨されています。

ゴクシュラヴァルナディ|JIVA


2019_10_12



シーナック(白内障点眼薬)

シーナック(白内障点眼薬)


シーナック(白内障点眼薬)は、白内障に効果があると言われている点眼薬です。

白内障の進行を予防するという報告があります。
白内障以外にも、様々な眼の症状に効果を示すことが分かっており、角膜障害、ドライアイ症候群、瞼裂斑、開放隅角緑内障、老眼などの治療にも用いられています。

有効成分として、カルボキシメチルセルロースが0.3%、N-アセチルカルノシンが1.0%配合されています。これらの有効成分が、眼の保護作用、保湿作用、コーティング作用を示します。

眼の構造では、一番表面にあるのが角膜です。

その角膜は表面にあるため傷ついたり、乾燥したりしやすい状況にあります。そのため、通常は角膜の表面には涙の層があり、その中には角膜保護成分と呼ばれるものが含まれています。そして、これが角膜を守ってくれています。この角膜保護成分の働きを強めるのが、有効成分のカルボキシメチルセルロースです。涙の層に留まりやすい性質を持っていますので、効果が持続することが期待できます。

角膜上皮は多少の傷が入っても細胞の生まれ変わりを行うことで、修復することが可能です。この修復が阻害されると角膜障害などの角膜の疾患に繋がります。カルボキシメチルセルロースは、この角膜の修復を助ける働きも持っていると考えられています。また、N-アセチルカルノシンは、眼の内部の水晶体まで届くことで白内障に有効であるとされています。シーナックは、以上の効果がある為、様々な疾患の治療に使用されています。

さらに、シーナックは疾病の治療だけでなく不快感や疲労感の改善にも用いることができます。風、寒さ、タバコの煙、汚染された空気などの外部因子による不快感や刺激感を改善します。さらに、コンタクトレンズの装着、PCでの仕事、車の長距離運転、テレビ視聴、読書による眼の疲労感やドライアイも改善します。

シーナックは、1本10 mLですので、およそ150~200滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が3~4週間分となります。安全にお使い頂くために、開封後30日を経過したら、廃棄することが推奨されています。

シーナック(白内障点眼薬)


2019_10_12



ザイロリックジェネリック300mg


ザイロリックジェネリック300mg


ザイロリックジェネリック300mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬ザイロリック錠のジェネリック医薬品です。

ザイロリックジェネリック300mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、ザイロリックジェネリック300mgは、先発品ザイロリック錠に勝るとも劣らない優れた効果をあらわします。

日本でもテバグループのザイロリックジェネリックは展開しています。

アロプリノール錠「テバ」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

ザイロリックジェネリック300mgは、服用すること尿酸の生合成をおさえ、体内の尿酸を減らすことができます。

尿から排出される尿酸が減少するので、尿酸結石を合併している人に特におススメです。

ザイロリックジェネリック300mg


2019_10_12



シグマキシン0.25mg


シグマキシン0.25mg


このようなお悩みの方に
さまざまな疾患を原因とするうっ血性心不全に
心房細動や粗動による頻脈の改善に
国内でジゴキシンが処方され使用している方に

シグマキシン0.25mgは強心配糖体と呼ばれる心臓の働きを増強する作用を持つ薬剤です。ジゴキシンです。国内ではジゴキシン錠として、0.125mg、0,25�rの錠剤が承認され、処方されています。心臓が充分に動かなくなる事で全身に血液を送りだす事ができなくなり、うっ血性心不全という重篤な疾患がおこります。ジギタリスは、心筋細胞に働きかけて心筋の収縮力を増大させる作用を持つ薬剤です。心筋の収縮力が増すことで、動かなくなっていた心臓を動かす事ができます。また迷走神経に作用して神経の興奮を鎮め心拍数を減少させます。心房から心室への興奮の伝達を妨げ、心臓の疲労と興奮を減らす作用も持ちます。ジギタリスはこのような作用で心臓の活動を正常にし、心筋の働きを強めることでうっ血性心不全を改善することができます。

シグマキシン0.25mg


2019_10_12



コエンザイムQ10_100mg


コエンザイムQ10_100mg


コエンザイムQ10_100mgは心臓の働きを助けるお薬です。

心臓から血液を送り出すポンプ機能が弱まると、血液や水分の循環が悪くなってしまいます。

その結果として、体に余計な水分が溜まりやすくなり、浮腫(むくみ)を生じたり、息苦しさや疲れを感じたりするようになります。

肺に水分がたまると、咳がでたり、ゼーゼーしたりと喘息を起こしたような呼吸になることもあります。

このような状態が「心不全」です。

このお薬は、心筋の酸素利用効率を向上させて心臓の働きをよくしてくれます。

そして、心不全の予防や改善にもつながると考えられています。

ただし、強い効果はないので、他の強心薬と併用するなど補助的に用いられています。

コエンザイムQ10_100mgは、インドのデリーで75年以上の歴史を誇る老舗製薬企業であるAlchem Phytoceuticalsによって製造・販売されています。

Alchem Phytoceuticalsは医薬品だけでなくコスメやサプリメント製造にも力を入れており、多くの優れた商品を世界中に発信しています。

現在インド以外でも香港、ヨーロッパ、アメリカにもオフィスを置き、世界35カ国以上で展開するグローバルな企業となっています。

コエンザイムQ10_100mgもそんなAlchem Phytoceuticalsが製造する商品であるので、多くの方に愛用されています。

服用することで細胞内のミトコンドリアに取り込まれ、酵素利用率を向上させることにより心臓の機能を改善します。

そのほか、抗アルドステロン作用や抗酸化作用(抗加齢作用)を持つとされており、これらの作用を目的として有効成分のユビデカレノンは日本では「コエンザイムQ10」という健康食品やサプリメントなどとしても販売されています。

コエンザイムQ10_100mg


2019_10_12


09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ




page
top