FC2ブログ




ミニデンツ(プロバイオティクス)

ミニデンツ(プロバイオティクス)


ミニデンツ(Minidenz)はプロバイオティクスとポストバイオティクスを配合した健康サプリメントです。
菌活を意識して健康を目指したい方々にとって、非常に魅力的で頼もしいサプリメントです。


プロバイオティクスとは「健康に有益な作用をもたらす生きた微生物(有用微生物)」のことで、人間の健康維持において欠かせないものです。
乳酸菌やビフィズス菌が代表的なプロバイオティクスです。
ポストバイオティクスとは「有用微生物が腸内で産生する代謝物」 のことで、この代謝物も健康に有益な作用をもたらします。
ミニデンツに含まれるプロバイオティクスはメーカー独自のテクノロジーで開発されたもので、加熱処理されており即効性に優れております。

また、ポストバイオティクスはラクトバチルス属(乳酸菌)とビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)の5つもの専有株から純粋発酵されたものです。
これらの成分を摂取することで、健康に有益な菌の成長を効果的に促し、腸の不調を引き起こす悪玉菌を効果的に抑制し、善玉菌を優勢にして理想的な腸内環境に導きます。

ミニデンツは抗生物質との併用にも適しております。
抗生物質はその強力な抗菌作用によって病原菌だけでなく全ての菌を殺菌してしまうため、腸の調子を崩して下痢などの症状が現れることがあります。
ミニデンツを服用することで良い菌を補い腸内フローラのバランスを整え、腸を守ることができます。

ミニデンツ(プロバイオティクス)


スポンサーサイト



2019_08_02



シーデンツ(お子様用プロバイオティクス)

シーデンツ(お子様用プロバイオティクス)


シーデンツ(C-Denz)の「シー(C)」は、 Childに由来します。この商品は、お子様の身体によい影響を与える生菌(プロバイオティクス)を増やし、腸内フローラのバランスを改良するためのサプリメントです。

お子様が飲みやすいよう、天然由来のオレンジパウダーで砂糖を抑えた甘みをつけています。

近年では「菌活」という言葉が生まれるほど、腸内細菌及び腸内環境に重点を置いた健康ブームが注目されております。


シーデンツ(C-Denz)はそんな菌活に適した、ラクトバチルス(乳酸菌)のポストバイオティクスを含む健康補助食品です。
ポストバイオティクスはプロバイオティクス(健康に有益な微生物)によって分泌される生理活性代謝物であり、腸の不調を引き起こす可能性がある悪玉菌を効果的に抑制し、理想的な腸内環境をつくります。


シーデンツは効果的&迅速に腸内フローラを再構築し、理想的な腸内環境をつくることができる健康補助食品です。
腸を健康に保つと、身体は必須栄養素をより効率的に吸収しやすくなり、強力な免疫システムを構築することができます。


シーデンツは腸だけでなく、身体全体の健康に強力にアプローチします。
2型糖尿病・胃腸炎などの胃腸疾患・下痢や嘔吐・食中毒・過敏性腸症候群・逆流性食道炎)・腹部膨満感・便秘・乳糖不耐症・湿疹やアトピー性皮膚炎・免疫機能低下といった身体のトラブルを予防改善する効果が期待できます。


また、シーデンツはお子様から高齢者の方まで全ての方々にとって安全で適しております。
免疫機能が低下している方にも非常にお勧めです。腸内環境と免疫システムには大きな繋がりがあるため、腸内環境を良くすると免疫力がアップします。



更に、シーデンツは抗生物質との併用にもお勧めです。抗生物質はその強い抗菌力により、善玉菌などの良い菌までも殺菌してしまいがちです。すると腸内フローラのバランスが崩れ、下痢などの胃腸トラブルを起こしやすくなります。

シーデンツを摂取することで善玉菌の成長を促し、理想的な腸内環境を回復&維持して感染症治療をサポートすることができます。

シーデンツ(お子様用プロバイオティクス)


2019_08_02



レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg

胃から込みあげる吐き気を抑える制吐剤です!食欲不振・胸やけやノロウイルスでの吐き気、胃腸トラブルの抑制にも効果的!

レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg


2019_08_02



ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


ドンペリドンは胃腸に作用し、胃腸の動きを改善させることで吐き気を抑える作用があります。

また、脳にある嘔吐中枢に働くので吐き気を抑える作用もあります。ドンペリドンはナウゼリンのジェネリック医薬品で、ナウゼリンに比べ、手の震えや生理不順などの副作用症状が現れにくいと言われています。

さらに、子どもから高齢者まで幅広い世代の方に内服して頂ける便利な吐き気止めです。

胃は規則正しく運動することで、食物を消化し、腸へと送り出しています。しかし、胃炎や十二指腸潰瘍、薬の副作用、外科的開腹手術など、胃の運動を妨げる原因があると、胃腸の動きが悪くなり、食物が胃に停滞してしまいます。

胃に停滞してしまうことで、吐き気や嘔吐、食欲がない、お腹の張りや腹痛などの腹部症状、胸やけ、げっぷなどの症状が出てきます。これらの症状を改善してくれる薬がドンペリドンになります。

吐き気は中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類に分けられます。中枢性嘔吐は、脳にある嘔吐中枢が刺激されることによっておこる吐き気で、末梢性嘔吐は胃腸などの消化管が刺激されることによっておこる吐き気です。

ドンペリドンは、後者の末梢性嘔吐に効果を発揮しますが、中枢性嘔吐にはあまり効果がありません。中枢性嘔吐に効果がないということは悪いことではなく、脳への薬の侵入が少ないということなので、脳に作用することで起こる副作用症状が出ることも少ないと言った利点もあげられます。

脳への作用も全くないというわけではなく、少しですが脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用があるので、気分の悪さを改善してくれます。

ドンペリドンの主な効果としては、胃腸などの消化管にあるドーパミン受容体をブロックする作用があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、ドーパミン受容体がドーパミンと結合すると、胃腸の動きが抑えられてしまうことがわかっています。

なので、ドーパミンを内服し、作用することでドーパミンの結合を妨げ、悪くなっている胃腸の動きが改善されます。したがって、胃腸での食べ物の消化を促進し、順調に胃から腸へ送り出せるようになります。

ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


2019_08_02



メサコール(メサラミン)400mg

メサコール(メサラミン)400mg


余分な成分が入っていないため、他の治療薬より副作用が少ないです。炎症性腸疾患治療剤の最大マーケットであるアメリカにおいて、炎症性腸疾患治療剤のシェアNo1であり、世界60数ヵ国で販売されています。

メサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。メサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo.1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

※潰瘍性大腸炎 : 潰瘍性大腸炎は、大腸の炎症により、潰瘍やびらができる疾患です。下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が主な症状で、便が少しずつゆるくなり、やがて出血が現れ、けいれん性の腹痛と排便が起こるようになります。症状が重くなると、体重減少・発熱・貧血などが起こる場合もあります。

※クローン病 : クローン病は、全消化器官(口腔から肛門まで)の全域に、潰瘍ができたり慢性炎症がおきる、原因不明の疾患です。 潰瘍性大腸炎と同様に原因は不明で、遺伝や細菌・ウイルスによる感染などのほか、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂取する食生活も関係していると考えられています。侵された部位で症状は異なりますが、腹痛と下痢が約半数の人にみられます。 けいれん性の腹痛、体重減少、出血を伴う慢性下痢、発熱、食欲不振、全身倦怠感、貧血などが数日から数週間続いたのち、症状は一旦治まりますが、これで完治したわけではなく、不規則に生涯を通じて再発します。

メサコール(メサラミン)400mg


2019_08_02



ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


ペンタサ坐剤1gは、潰瘍性大腸炎の治療薬です。

坐剤タイプで、直接肛門に挿入することで有効成分がダイレクトに患部に届き、強力な治療効果を得ることができます。

ペンタサ坐剤1gはFerring Pharmaceuticals(フェリング・ファーマ)社によって製造・販売されています。

フェリング・ファーマ社はスイスに本社を有するグローバルな製薬企業であり、1950年に設立されてから現在では6大陸50ヵ国以上に子会社を有しています。

数多くの優れた医薬品を製造・開発しており、ペンタサ坐剤1gもそんな優れたお薬の1つです。

世界100ヵ国以上の国や地域で承認されており、潰瘍性大腸炎に苦しめられている患者の治療のために多くの医療機関で処方されています。

1日1個ペンタサ坐剤1gを肛門に挿入することで大腸の炎症を強力に鎮めることができ、それによって引きこされる下痢や腹痛などの諸症状を解消してくれます。

ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


2019_08_02



アサコール(メサラミン)800mg

アサコール(メサラミン)800mg


アサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。アサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

アサコール(メサラミン)800mg


2019_08_02



オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)

オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)

2つの有効成分を配合し、相乗効果で細菌を強力に殺しながらも耐性を作らせないので、様々な感染症の治療に使用することができます。一般的な感染症から、性病の淋菌感染症までオールマイティな治療効果をあらわします。

オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)


2019_08_02



アモキシシリンジェネリック250mg

アモキシシリンジェネリック250mg


アモキシシリンジェネリックの有効成分であるアモキシシリンは、ペニシリン系に分類される抗生物質です。

ペニシリン系は抗生物質の歴史の中で最も古く、様々な菌に効果を発揮してきました。ペニシリン系の中でも代表的で、最も使用される頻度の高い抗生物質であるサワシリンのジェネリック薬として販売されている薬がこのアモキシシリンジェネリックです。

アモキシシリンジェネリックは梅毒や淋菌などの性感染症、扁桃腺や咽頭炎、中耳炎、ピロリ菌の除去などの幅広い感染症に使用されることが多いく、様々な菌に効果を発揮してくれます。しかし、ペニシリン系の抗生物質は幅広い細菌に効果が得られるので多用され過ぎてしまい、ペニシリン系の抗生物質が効かない耐性菌が体内で作られている場合もあります。

アモキシシリンは、腸での吸収率がとても高いので、経口薬で使用しても点滴薬などと同じ位の効果を得ることができます。また、薬の効果に即効性があるので、実際の医療現場でも良く使用されている抗生物質の1つです。

アモキシシリンジェネリックの主成分であるアモキシシリンは、体内に入って増殖を繰り返す細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌の増殖を止めることができます。ほとんどの細菌は細胞壁がないと生きられないので、アモキシシリンジェネリックを内服すると体内に入った細菌を死滅させることができます。そのため、細菌によって起こされた発熱や腫れ、痛みなどの炎症症状を軽快させる効果が得られます。

アモキシシリンジェネリック250mg


2019_08_02



ピロリ菌除去各1箱パック

ピロリ菌除去各1箱パック


ピロリ菌除去パックは、胃炎や胃潰瘍、胃癌の原因となるピロリ菌を除去するための3種類のお薬をセットにしたパックです。 3種類を同時に1日2回7日間服用することで、かなりの高確率でピロリ菌を殺菌することができます。

ピロリ菌除去各1箱パック


2019_08_02


07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ




page
top