FC2ブログ




フィナステリド錠(28錠)


フィナステリド錠(28錠)


フィナステリド錠は、前立腺肥大症の治療薬です。

1日1回服用することで、肥大している前立腺を小さくし、排尿障害等の諸症状を改善することができます。

フィナステリド錠はインドの製薬企業で、日本にも進出しているAurobindo Pharma Limited(オーロビンド ファーマ リミテッド)によって製造・販売されています。

オーロビンド ファーマ社は1986年に設立されたグローバルな企業です。

インドだけでなく、アメリカからブラジルまで世界中に14の製造拠点をもち、世界中に医薬品を供給しています。

フィナステリド錠は、男性型脱毛症治療薬として知られているプロペシアと同じ有効成分フィナステリドを1錠に5mgの高用量含有しています。

服用することで前立腺肥大や脱毛などの原因となる強力な男性ホルモンの産生を抑制することができ、それによって治療効果をあらわします。

フィナステリド錠(28錠)


スポンサーサイト



2019_07_13



ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)


ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)


男性のみなさん、最近、歳のせいか尿の切れが悪い、尿の勢いがないなどと感じてはいませんか?

もしかしたらそれは前立腺が肥大してしまい、尿道を圧迫しているからかもしれません。

ユリマックス0.4mgは、そんな前立腺肥大症によって起こる排尿トラブルを改善することができるお薬です。

ユリマックス0.4mgは、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ユリマックス0.4mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

服用することで、日本でも販売されている先発品のハルナールD錠0.2mgに勝るとも劣らない強力な効果を発揮してくれます。

前立腺を縮小することができるので、尿にかかわる諸症状を改善します。

ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)


2019_07_13



ハルナールジェネリック(ユリマックス0.2mg)


ハルナールジェネリック(ユリマックス0.2mg)


ユリマックス0.2mgは、前立腺肥大症治療薬ハルナールD錠0.2のジェネリック医薬品です。

服用することで肥大化してしまった前立腺を小さくするができ、「尿のキレがわるい」「排尿時に力まないといけない」「排尿しても残尿感がありスッキリしない」などの排尿トラブルを改善することができます。

ユリマックス0.2mgは、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ユリマックス0.2mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

服用することで、日本でも販売されている先発品のハルナールD錠0.2mgに勝るとも劣らない強力な効果を発揮してくれます。

有効成分を先発品のハルナールD錠0.2mgと同じ1カプセルに0.2mg配合し、服用することで先発品と同等の強力な効果を得ることができます。

先発品よりも安価でありながら強力な効果が得られ、1箱100カプセル入りで高コストパフォーマンスなお薬なので排尿トラブルを抱える男性の強い味方となっています。

ハルナールジェネリック(ユリマックス0.2mg)


2019_07_13



トビエース8mg


トビエース8mg


トビエース8mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1回服用することで膀胱の過剰な収縮を抑えることができるお薬でき、それによって引き起こされる排尿トラブルを解消します。

加齢により尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状にお悩みの方におススメです。

トビエース8mgは世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって開発されました。

2007年4月に欧州で、2008年10月に米国で過活動膀胱治療薬として承認されており、2012年には日本でもトビエース8mgは承認されています。

現在では40ヵ国以上の国や地域で承認されており、多くの排尿トラブルに悩む患者の治療のために医療機関で使用されています。

トビエース8mg



2019_07_13



デュプロスト0.5mg(アボダートジェネリック)


デュプロスト0.5mg(アボダートジェネリック)


デュプロスト0.5 mgは、AGA治療薬として有名なアボダートのジェネリック医薬品です。

服用することで、脱毛症の原因である強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制することができ、毛髪を太く・長く・強くしてくれます。

DHTの働きを抑制することで、男性のみに存在している前立腺といわれる臓器の肥大も改善することができ、前立腺肥大症に伴う排尿トラブルの治療のためにも使用することができます。

デュプロスト0.5 mgは、インドの有名なジェネリックメーカーであるCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インドでは最大手のジェネリックメーカーとしてジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

先発品に勝るとも劣らない高品質なジェネリック医薬品を数多く製造し、多くの医療機関でシプラ社製のジェネリック医薬品が使用されています。

デュプロスト0.5 mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つで、服用することで先発品と同等の効果が得られるとして、多くの方に支持されています。

デュプロスト0.5mg(アボダートジェネリック)


2019_07_13



デュオダート(ハルナール+デュタステリド)


デュオダート(ハルナール+デュタステリド)


デュオダートは、人気の前立腺肥大症治療薬ハルナールとアボルブを組み合わせたハイブリット治療薬です。

1カプセルを服用するだけで2つの有効成分の治療効果を得ることができるので、一粒で二度おいしいお薬となっています。

服用することで肥大した前立腺を強力に縮小することができ、排尿障害等の前立腺肥大症に伴う諸症状を改善することができるので、尿トラブルに悩む男性の強い味方です。

デュオダートは、世界的に有名な製薬企業であるグラクソ・スミスクライン(GSK)社によって製造・販売されています。

デュオダートが作用する前立腺とは、男性にしかない生殖器の1つです。

前立腺は尿道を囲む形で存在しています。

この前立腺がなんらかの理由により肥大してしまうと、尿道を圧迫してしまい排尿トラブルが起こります。

前立腺肥大症の主な症状は、尿の出が悪くなる、尿の勢いが弱くなる、尿がなかなか出てこない、排尿しても残尿感がある等です。

デュオダートは、1日1カプセルを服用することで、この肥大化した前立腺を縮小することができ、排尿に関するトラブルを解決することができるようになります。

デュオダート(ハルナール+デュタステリド)


2019_07_13



シロファスト(シロドシン)8mg


シロファスト(シロドシン)8mg


シロファストは世界的に有名な前立腺肥大治療薬です。
日本でも有名な前立腺肥大治療薬「ユリーフ」のジェネリック医薬品で、先発品のユリーフと同一成分・効果でありながら安価でお買い得です。

前立腺は膀胱のすぐ下にある、男性のみが持つ臓器です。
前立腺は尿道を取り囲む形で存在しているため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて狭くなってしまいます。
その結果、尿が出づらい・全部出しきれず残尿感が残る・残尿による頻尿・尿が我慢できないなどの排尿障害が起こります。この状態が「前立腺肥大症」です。

前立腺肥大症は多くの中高年男性がかかる疾患で、原因ははっきりと解明されておりませんが加齢やホルモンなどが原因だと言われています。
前立腺肥大症の治療は主に薬物療法ですが、α遮断薬、抗男性ホルモン薬、植物製剤、漢方などが使用されますが、一番使いやすくて多く選択されるのはα遮断薬です。
シロファストはα遮断薬です。

シロファストの有効成分シロドシンは、前立腺や尿道平滑筋に存在する「α受容体」を遮断することで尿道の筋肉を弛緩させて尿道を緩め、尿の出をスムーズにして前立腺肥大による排尿障害の諸症状を改善します。

このα受容体には体内の様々な部位に存在しており、α受容体に作用することで様々な反応が起こります。例えば血管にあるα受容体を遮断すると血圧が下がります。
しかし、有効成分シロドシンは前立腺や尿道にあるα受容体に選択的に作用するため他の部位に影響を及ぼさず副作用が少ないです。
また、強力な作用と即効性を兼ね備えているとも評価されています。

一方、特徴的な副作用として「射精障害」があります。
また、女性には前立腺がないため女性には基本的に使用しません。

シロファスト(シロドシン)8mg


2019_07_13



シロファスト(シロドシン)4mg


シロファスト(シロドシン)4mg


シロファストは世界的に有名な前立腺肥大治療薬です。
日本でも人気のある前立腺肥大治療薬「ユリーフ」のジェネリック医薬品で、先発品のユリーフと同一成分・効果でありながら安価でお買い得です。
シロファストはインドの大手製薬会社シプラ社が製造販売しています。

前立腺は膀胱のすぐ下にある臓器です。前立腺は尿の通り道である尿道を囲むような形で存在しています。そのため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて狭くなってしまいます。
尿道が前立腺肥大によって狭くなると、尿が出づらい・全部出しきれず残尿感が残る・残尿による頻尿・尿が我慢できないなどの排尿障害が起こります。
この状態が「前立腺肥大症」です。

シロファストの有効成分シロドシンは前立腺や尿道平滑筋に存在する「α受容体」を遮断することで尿道を緩め、前立腺肥大によって起こった排尿障害の諸症状を改善します。

このα受容体には多くの種類があり、α受容体に作用することで様々な反応が起こります。例えば血管にあるα受容体を遮断すると血圧が下がります。
しかし、有効成分シロドシンは前立腺や尿道にピンポイントで作用するため余計な反応がなく、副作用が少なく安全性が高いです。
また、強力な作用と即効性を兼ね備えているとも評価されています。

一方、特徴的な副作用として「射精障害」があります。
また、女性には前立腺がないため女性には基本的に使用しません。

シロファスト(シロドシン)4mg


2019_07_13



アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


アルフゾシンXLは前立腺肥大症治療薬です。
前立腺肥大による残尿感・頻尿感・尿意切迫感などの排尿障害症状を改善します。

国内未承認の薬剤ですが、海外では人気が高く世界中で多く使用されております。
アルフゾシンXLは国内で流通している前立腺肥大症治療薬「タムスロシン(商品名ハルナール)」「シロドシン(商品名ユリーフ )」などと同系統の薬剤になります。

アルフゾシンXLは前立腺肥大症治療薬「ウロキサトラ」のジェネリック医薬品であり、インドの大手製薬FDCが製造販売し、世界各国に多く輸出されております。

前立腺肥大症は前立腺が大きくなって尿道が狭くなることで起こる疾患で、排尿後も尿が残っている感覚(残尿感)、トイレが近い(頻尿)、急に排尿したくなる(尿意切迫感)、お腹に力を入れないと出ない(腹圧排尿)、夜中にしょっちゅうトイレに行く(夜間頻尿)などの排尿障害が主な症状です。
加齢が主な原因で、多くの中高年男性が悩まされております。

アルフゾシンXLは前立腺や尿道平滑筋に存在する交感神経の受容体(α1受容体)を遮断することで、尿道を広げて尿の出をスムーズにし、様々な排尿障害を改善することができます。
副作用が比較的少なく、1日1回の服用で作用が持続することも特徴です。

アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


2019_07_13



プロスカー(フィナステリド5mg錠)28錠


プロスカー(フィナステリド5mg錠)28錠


プロスカーは、前立腺肥大症治療薬です。1日1回1錠服用することで、肥大してしまった前立腺を縮小し、それに伴う排尿障害等の諸症状を改善することができます。プロスカーは、1錠に有効成分としてフィナステリドを5mg含有しています。

有効成分のフィナステリドは、日本では男性型脱毛症(AGA)の治療を受けている方であればピンとくる方もいるかもしれません。それもそのはず、AGA治療薬として有名なプロペシアというお薬もプロスカーと同じ有効成分のフィナステリドを含有しているのです。プロペシアはプロスカーで収集されたデータをもとに開発されたものです。有効成分フィナステリドの副作用の1つに発毛・育毛作用というものがあります。

プロスカーに含まれるフィナステリド5mgの長期間服用の安全性が確立された後に、その副作用の発毛・育毛効果に着目して開発されたのがプロペシアです。フィナステリドは、服用することで体内の5α-還元酵素に作用することで前立腺肥大症の治療効果をあらわします。前立腺肥大症の主な原因は、強力な男性ホルモン作用をあらわすジヒドロテストステロン(DHT)といわれるホルモンです。このDHTは、体内で前立腺肥大やニキビ、男性型脱毛症等の症状を引き起こします。5α-還元酵素は、体内の男性ホルモンであるテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHTに変換する働きがあります。

有効成分フィナステリドは、この5α-還元酵素の働きを抑制することでDHTへの変換を阻害することで前立腺肥大を改善することができます。プロスカーには、服用するにあたって注意することが何点かあります。1つめは、プロスカーを服用することで前立腺がんの指標となる血清前立腺特異抗原(PSA)値を約半分にするということです。本来は前立腺がんの方が、プロスカーを服用することで検査をパスしてしまい発見が遅れるおそれもあるので、前立腺がんの検査を受ける際は、必ずプロスカーの服用をしていることを医師に報告するようにしてください。

2つめは、プロスカーは前立腺肥大症の治療薬でありAGA治療薬プロペシアのかわりではないということです。プロスカーは有効成分のフィナステリドをプロペシアよりも高用量含有しています。一部のAGAに悩む方は、プロペシアのかわりにプロスカーを割ったり、そのままフィナステリドとして5mgを服用する方がいますが、正しい用量用量ではないので注意してください。

プロスカー(フィナステリド5mg錠)28錠


2019_07_13


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ




page
top