FC2ブログ




ミカルディスプラス40mg


ミカルディスプラス40mg


ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。日本では、テルミサルタンが成分のお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し血管収縮作用を抑え血圧を下げる作用があります。高血圧症などの治療に服用されています。

ミカルディスプラス40mg


スポンサーサイト



2019_07_02



ミカルディス40mg


ミカルディス40mg


ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、昇圧物質アンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑えることにより、血圧を下げる効果があります。高血圧症の治療などに用いられます。血圧を適切にたもつことは、脳卒中や心臓病、腎臓病のリスクを防ぐことにつながります。

ミカルディス40mg


2019_07_02



バソクセン(ネビボロール)5mg


バソクセン(ネビボロール)5mg


バソクセン5mgの有効成分ネビボロールは、血管を緩ませ血流を遅くすることで、高血圧の改善に作用するベータ遮断薬 です。高血圧を治療するために単独、あるいは他の薬剤と組み合わせて使用されており、ータ遮断薬と呼ばれる薬のクラスに含まれています。欧州では1999年から高血圧および心不全の治療薬として販売されており、アメリカでは2008年に承認されています。β遮断薬(ベータブロッカー)は、高血圧、頻脈性不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)、心不全などで用いられるお薬です。緊張状態だと交感神経が活性化し、動悸がしたり、血圧が上がったりします。その交感神経の作用をブロックするのが有効成分ネビボロールです。 ベータ遮断薬が心臓に作用すると、動悸をさせず、頻脈を抑えます。心拍数、心拍出量を抑制し、心臓の仕事量を低下させます。つまり、脈拍数をへらし、心臓の負担を減らします。このため、高血圧や頻脈性不整脈、狭心症治療薬として使用されます。

高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続くことです。高血圧の人は、平常時に血圧が正常範囲を超えている状態を維持しています。高血圧が問題であるのは、脳卒中・心疾患・腎不全などの重大な病気の発症リスクを高めるからです。

ネビボロールβ-アドレナリン遮断特性を特徴とし、本態性高血圧の治療に有用です。ベータ遮断体は、体内の様々な場所にあるベータ受容体を阻害することで作用します。 ベータ受容体をブロックすると、体内で自然に生成されるノルアドレナリンとアドレナリンと呼ばれる2つの化学物質の分泌を阻害します。それにより、血管を緩ませ、心拍数、血流を遅くし、血圧を改善する作用があります。

バソクセン(ネビボロール)5mg


2019_07_02



ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


ハイザールは、強力な高血圧症治療薬です。有効成分として、1錠にロサルタンカリウムを50mg/ヒドロクロロチアジドを12.5mg含有しており、持続性アンジオテンシン�U受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker:ARB)/利尿薬合剤とも呼ばれています。ハイザールは、世界97の国または地域で発売されており、各国の高血圧治療ガイドラインでも推奨されているお薬です。日本でも2006年に承認されており、プレミネント配合錠LDという商品名でMSD株式会社によって製造・販売されています。

高血圧症の原因は患者によってそれぞれ異なり、高血圧症治療薬単剤では十分に効果を発揮できない場合が多いです。そのため、現在の医療現場では血圧を適切にコントロールするために作用機序の異なる高血圧症治療薬を併用することが一般的です。ハイザールは、この異なる作用機序の高血圧症治療薬2種類を1つの配合剤としています。配合剤とすることで、複数の錠剤を服用する手間をなくし、なおかつ副作用を減らして血圧低下作用を強力にするという利点があります。

それぞれの有効成分の特徴として、ロサルタンカリウムは日本では単剤ではニューロタン錠と呼ばれ1998年に承認されて市販されています。ロサルタンカリウムは、日本で初めて承認されたARBです。服用することで、血圧を上昇させる成分であるアンジオテンシン�Uの受容体に特異的に作用し、血圧低下作用をあらわします。

ヒドロクロロチアジドも単剤で承認されており、1959年から日本で市販されています。ヒドロクロロチアジドは体内のナトリウムおよび水の排泄を促進し、余分な体液を尿として外部に出すことで血圧低下作用をあらわします。体内に余分な血液(水分)があると、心臓はその余分な血液を全身に循環させるため強力に収縮を行い、結果として圧力が強くなり、血圧が上昇します。ヒドロクロロチアジドは、この余分な水分を尿として排出することで心臓の負担を減少させることで血圧を低下させることができるのです。

体内の余分な水分をなくすことで、むくみ(浮腫)の解消効果も期待できます。高血圧症患者を対象とした臨床試験では、ハイザールはロサルタンカリウムおよびヒドロクロロチアジドの単剤服用に比べてより優れた血圧低下作用が示されています。血圧を低下させることで心臓や腎臓等の臓器への負担を減らすことができます。それによって、将来起こるかもしれなかった脳卒中や心臓病、腎臓病等の命にかかわる病気の発症を予防することができ、結果としてより長生きすることができるようになります。

ハイザールを服用するにあたって、注意することが2点あります。まず1つめは、ハイザールの服用によって一過性の血圧低下(ショック症状、意識消失、呼吸困難等を伴う)を起こすおそれがあるので、そのような場合には服用を中止し適切な処置を受けるようにしてください。また、本剤服用中は定期的(服用開始時:2週間ごと、安定後:月1回程度)に血圧をモニタリングすることが推奨されています。血圧計等で定期的に血圧を測定するようにしてください。

2つめは、ハイザールの有効成分ヒドロクロロチアジドは、服用することで利尿作用をあらわすということです。ハイザールの服用タイミングは定められていませんが、夜間に服用してしまうと夜に尿意があらわれてしまうことがあるので、夕刻以降の服用は避けるのが一般的とされています。推奨されている服用方法は午前中(朝食後)なので、とくに問題がなければ、そのタイミングで服用するようにしてください。

ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


2019_07_02



ネビボロール5mg


ネビボロール5mg


ネビボロール5�rの有効成分ネビボロールは、血管を緩ませ血流を遅くすることで、高血圧の改善に作用するベータ遮断薬 です。高血圧を治療するために単独、あるいは他の薬剤と組み合わせて使用されており、ータ遮断薬と呼ばれる薬のクラスに含まれています。欧州では1999年から高血圧および心不全の治療薬として販売されており、アメリカでは2008年に承認されています。β遮断薬(ベータブロッカー)は、高血圧、頻脈性不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)、心不全などで用いられるお薬です。緊張状態だと交感神経が活性化し、動悸がしたり、血圧が上がったりします。その交感神経の作用をブロックするのが有効成分ネビボロールです。 ベータ遮断薬が心臓に作用すると、動悸をさせず、頻脈を抑えます。心拍数、心拍出量を抑制し、心臓の仕事量を低下させます。つまり、脈拍数をへらし、心臓の負担を減らします。このため、高血圧や頻脈性不整脈、狭心症治療薬として使用されます。

高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続くことです。高血圧の人は、平常時に血圧が正常範囲を超えている状態を維持しています。高血圧が問題であるのは、脳卒中・心疾患・腎不全などの重大な病気の発症リスクを高めるからです。

ネビボロールβ-アドレナリン遮断特性を特徴とし、本態性高血圧の治療に有用です。ベータ遮断体は、体内の様々な場所にあるベータ受容体を阻害することで作用します。 ベータ受容体をブロックすると、体内で自然に生成されるノルアドレナリンとアドレナリンと呼ばれる2つの化学物質の分泌を阻害します。それにより、血管を緩ませ、心拍数、血流を遅くし、血圧を改善する作用があります。

ネビボロール5mg


2019_07_02



オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


オルバンス(オルメサルタンメドキソミル)は、血圧を上げる体内物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えて血管を拡張し、水分や電解質が調整されることで血圧を下げる、高血圧症の治療薬です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。

アンジオテンシンIIは、アンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成され、それが受容体1と結合すると、動脈の血管収縮を起こし、血圧が上昇してしまうのです。

またアンジオテンシンIIは、循環血液量や血圧の維持に関係するホルモンであるアルドステロンの分泌と、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌を促進します。アルドステロンは、ナトリウムを再吸収することで血管内の血流量を増やして血圧を上げ、 バゾプレッシンは、細動脈を収縮させて血圧を上昇させます。 近年のマウスによる試験では、オルメサルタンが認知機能の低下に対して有意に抑制され、記憶力に対しても有意な改善が認められたとの報告があり、高血圧症の治療だけでなくアルツハイマーの治療薬としても、将来期待されています。

オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


2019_07_02


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ




page
top