FC2ブログ




ドチエピン25mg

ドチエピン25mg

プロチアデン25mgは、三環系抗うつ薬と呼ばれる鬱病やうつ状態を改善に用いられる薬です。ドチエピンの特徴は、他の三環系抗うつ薬と比べて眠気や口渇などの副作用が少ないと言われています。なお、ドチエピンは、日本ではドスレピンという名前で販売されています。

ドチエピン25mg


スポンサーサイト
2019_06_16




トリプトメール(アミトリプチリン)10mg

脳の中には情報を伝達する物質の意欲に関わる「ノルアドレナリン」と、気持ちを楽にする「セロトニン」という神経伝達物質があります。しかし、これらの物質が減少すると、やる気が起こない、気分が晴れない、といった心の症状や、眠れない、食べられないといった身体の症状があらわれる、うつ病・うつ状態を引き起こすとされています。

アミトリプチリンには、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害する働きによりこれらの物質の量を増加させる働きがあります。ノルアドレナリンやセロトニンの量が増えて神経の働きをよくなると、不安な気持ちが楽になったり、気持ちを落ちついて意欲を高まるので、うつ症状が改善されやすくなります。

一方、アミトリプチリンは、副作用として抗コリン作用による口の渇き、眠気などが起こることがありますが、抗コリン作用により膀胱の収縮がおさえたり、尿もれを防ぐ働きがあります。さらに、気持ちを和らげて睡眠を深くする作用があるので、子どもの遺尿症や夜尿症(おねしょ)の治療にも用いられます。

また、アミトリプチリンは末梢性神経障害性疼痛にも使われます。神経障害性疼痛とは、神経の障害や損傷、変質などから起こる痛みですが、アミトリプチリンは神経への痛みの伝達を抑制する働きがあるので、神経痛や慢性疼痛、頭痛など、様々な痛みの改善にも使われています

トリプトメール(アミトリプチリン)10mg


2019_06_16



アンチデップ(塩酸イミプラミン)75mg

アンチデップ(塩酸イミプラミン)75mg

アンチデップ(塩酸イミプラミン)はうつ病やうつ状態の症状を改善や、小児から高齢者までの遺尿症(おねしょ)治療薬として使用されています。アンチデップ(塩酸イミプラミン)というのは、元々抗うつ薬の一つである三環系抗うつ薬という種類に分類されます。三環系抗うつ薬というのは、うつ病の治療薬としてもっとも初期に開発された治療薬です。有効成分として含まれる、塩酸イミプラミンは世界で最初に発見された抗うつ剤です。抗うつに対して強い効果を示すことが特徴で、集中力ややる気を高める伝達物質であるノルアドレナリンを増加させると言われています。その反面、副作用をしっかりと理解した上で使用する必要があります。

普段は抗うつ薬として使用されることが多いアンチデップ(塩酸イミプラミン)ですが、遺尿症(おねしょ)の治療薬としても効果を確認されています。それは塩酸イミプラミンの効果で排泄に関連する筋肉を調整することで、尿の流れを止めることができるからです。実際に遺尿症の小児を対象とした治験では約50%に効果があることが確認されています。早い場合には服用から1週間後には効果が出てきたという報告もあります。

アンチデップ(塩酸イミプラミン)75mg


2019_06_16



アミトリプチリン50mg

アミトリプチリン50mg

脳の中には情報を伝達する物質の意欲に関わる「ノルアドレナリン」と、気持ちを楽にする「セロトニン」という神経伝達物質があります。しかし、これらの物質が減少すると、やる気が起こない、気分が晴れない、といった心の症状や、眠れない、食べられないといった身体の症状があらわれる、うつ病・うつ状態を引き起こすとされています。

アミトリプチリンには、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害する働きによりこれらの物質の量を増加させる働きがあります。ノルアドレナリンやセロトニンの量が増えて神経の働きをよくなると、不安な気持ちが楽になったり、気持ちを落ちついて意欲を高まるので、うつ症状が改善されやすくなります。

一方、アミトリプチリンは、副作用として抗コリン作用による口の渇き、眠気などが起こることがありますが、抗コリン作用により膀胱の収縮がおさえたり、尿もれを防ぐ働きがあります。さらに、気持ちを和らげて睡眠を深くする作用があるので、子どもの遺尿症や夜尿症(おねしょ)の治療にも用いられます。

また、アミトリプチリンは末梢性神経障害性疼痛にも使われます。神経障害性疼痛とは、神経の障害や損傷、変質などから起こる痛みですが、アミトリプチリンは神経への痛みの伝達を抑制する働きがあるので、神経痛や慢性疼痛、頭痛など、様々な痛みの改善にも使われています。

アミトリプチリン50mg


2019_06_16



プリモックス(ノリトレン錠ジェネリック)

プリモックス(ノリトレン錠ジェネリック)

プリモックス(ノリトレン錠ジェネリック)は、うつ症状を改善する三環系抗うつ薬です。脳内の脳のモノアミンを増やすことで精神を安定させ、不安な気分を解消してくれます。 モノアミンとは、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの気分に関係する物質の総称のことで、 セロトニンは落ち込みや不安を改善させ、 ノルアドレナリンは意欲や気力を改善させ、 ドーパミンは楽しみや快楽を改善させる と考えられています。
尚、神経をコントロールする作用があるので、禁煙補助薬や鎮痛剤としても効果を示します。
プリモックス(ノリトレン錠ジェネリック)は、新規抗うつ剤よりは副作用が多いと言われています。これはノリトレン錠やノリトレン錠ジェネリックに限らず三環系全般に言えることで、時に重篤な副作用も起こり得ると言われています。

プリモックス(ノリトレン錠ジェネリック)


2019_06_16



アナフラニール25mg

アナフラニール25mg

アナフラニールは三環系と呼ばれる古くから使われれている抗うつ剤です。成分の塩酸クロミプラミンは気分に関係する脳内物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどの再取り込みを防いで濃度を高め、気分の落ち込みや不安な状態を改善します。最近はSSRIやSNRIなどの新しいタイプの抗うつ薬がよく使われていますが、副作用に注意すれば強力な抗うつ効果が期待できる薬です。また、夜尿症に用いられることもあります。

アナフラニール25mg




アナフラニール10mg

アナフラニール10mg

アナフラニールは三環系と呼ばれる古くから使われれている抗うつ剤です。成分の塩酸クロミプラミンは気分に関係する脳内物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどの再取り込みを防いで濃度を高め、気分の落ち込みや不安な状態を改善します。最近はSSRIやSNRIなどの新しいタイプの抗うつ薬がよく使われていますが、副作用に注意すれば強力な抗うつ効果が期待できる薬です。また、夜尿症に用いられることもあります。

アナフラニール10mg


2019_06_16



アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg

アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg


アキュプリルは、血圧を下げる効果を持つ、高血圧の治療薬です。有効成分塩酸キナプリルは、服用後にキナプリラートという活性代謝物に変化し、血液中な血管壁などに存在するアンジオテンシンIが、血圧上昇物質であるアンジオテンシンIIに変換されることを抑制し、降圧作用を発揮します。また、血管を拡張して血圧を低下させる作用を持つブラジキニンの分解も阻害し、さらなる降圧効果も期待できます。

高血圧の治療は薬剤治療と並行して、食事療法、生活習慣の改善、運動療法など行なうのが一般的です。 高血圧治療薬には、利尿薬、カルシウム拮抗薬、ベータ遮断薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬などがあり、それらのほとんどが、血管拡張により、降圧作用を示します。アキュプリルの有効成分である塩酸キナプリルは、ACE阻害薬といわれる、アンジオテンシン変換酵素阻害薬です。アンジオテンシンとは、昇圧作用を持つ生理活性物質です。アンジオテンシン受容体とと結合することで、心臓の収縮力を高めたり細動脈を収縮させて、昇圧作用をもたらします。
中でもアンジオテンシンIIは、特に強力な血管収縮作用を持っており、副腎皮質からアルドステロンというホルモンの分泌を促進したり、血管平滑筋を収縮したりして、血圧を上昇させます。

ACE阻害薬は、アンジオテンシンIIの生成が多くなる腎性高血圧症と、うっ血性心不全を合併した高血圧症に処方されることが多いです。持続的に、血液・血管・心臓・腎臓のアンジオテンシン変換酵素を阻害するため、持続的な効果を発揮します。また、高血圧症にもとづく心肥大の抑制効果がアンジオテンシン変換酵素阻害薬にあるという研究報告もあり、将来的に大きな可能性を持つ薬です。

アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg


2019_06_16



べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


べロックゾックは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120�rが規格の錠剤です。こちらのべロックゾックは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

べロックゾックはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。べロックゾックは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


2019_06_16



べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


べロックゾックは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120�rが規格の錠剤です。こちらのべロックゾックは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

べロックゾックはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。べロックゾックは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


2019_06_16



べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


べロックゾックは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120�rが規格の錠剤です。こちらのべロックゾックは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

べロックゾックはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。べロックゾックは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


2019_06_16


05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ




page
top