FC2ブログ




ルミガン+レチノクリーム


ルミガン+レチノクリーム


ルミガンの発売元とラティッセ(Latisse)の販売元は、同じアラガン社(Allergan)で成分も同じ商品です。ルミガンを緑内障治療用目 薬で発売した後にまつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップするという結果がでたため、現在、ルミガンは、まつげ育毛剤として世界中のセレブの中で話題を呼び人気急上昇となりました。

★レチノ0.05%とはどんなお薬ですか?
レチンAジェネリックのレチーノA0.05%は、シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。

ルミガン+レチノクリーム


スポンサーサイト
2019_05_16



ルミガン+レチノクリーム


ルミガン+レチノクリーム


ルミガンの発売元とラティッセ(Latisse)の販売元は、同じアラガン社(Allergan)で成分も同じ商品です。ルミガンを緑内障治療用目 薬で発売した後にまつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップするという結果がでたため、現在、ルミガンは、まつげ育毛剤として世界中のセレブの中で話題を呼び人気急上昇となりました。

★レチノ0.05%とはどんなお薬ですか?
レチンAジェネリックのレチーノA0.05%は、シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。

ルミガン+レチノクリーム


2019_05_16



ルミガン3箱+充血除去目薬セット


ルミガン3箱+充血除去目薬セット


ルミガンの主成分ビマトプロストは、緑内障治療薬にも使用される成分ですが、まつ毛が伸びるといった、非常に特殊な副作用が認められています。この副作用を利用した商品が、まつげ育毛剤のルミガンです。使用者のまつ毛に関して、平均して、長さが25%・密度が106%・色濃度が18%アップしたため、現在ではまつ毛美容液として人気のお薬です。

ビマトプロストには、毛胞を刺激し、メラニン生成を活性化する作用が認められています。そのため、継続的に使用することで、通常より短い期間で、濃く長いまつ毛を得ることができます。熱やビューラーなどの過度な使用により、深刻なダメージを受けたまつ毛にも効果が認められており、使用後、約16週でボリュームアップが得られた、という実験データがあります。

国内では、主に緑内障治療薬として処方されているビマトプロストですが、一部の眼科や美容外科などで、まつ毛美容液の成分としても処方されています。単なるまつ毛美容液ではなく、抗がん剤治療によって失ったまつ毛の、修復・育成にも使用されるお薬のため、より積極的なまつげのボリュームアップに、効果的にお使いいただけます。ルミガンは、同メーカーが販売しているラティッセと同様の成分ですが、ルミガン単体にはアプリケーター(アイブラシ)は付属しておりませんので、すぐに使い始めることができる、お得なブラシとのセットがおすすめです。

ルミガン3箱+充血除去目薬セット


2019_05_16



ルミガン3箱+充血除去目薬セット


ルミガン3箱+充血除去目薬セット


ルミガンの主成分ビマトプロストは、緑内障治療薬にも使用される成分ですが、まつ毛が伸びるといった、非常に特殊な副作用が認められています。この副作用を利用した商品が、まつげ育毛剤のルミガンです。使用者のまつ毛に関して、平均して、長さが25%・密度が106%・色濃度が18%アップしたため、現在ではまつ毛美容液として人気のお薬です。

ビマトプロストには、毛胞を刺激し、メラニン生成を活性化する作用が認められています。そのため、継続的に使用することで、通常より短い期間で、濃く長いまつ毛を得ることができます。熱やビューラーなどの過度な使用により、深刻なダメージを受けたまつ毛にも効果が認められており、使用後、約16週でボリュームアップが得られた、という実験データがあります。

国内では、主に緑内障治療薬として処方されているビマトプロストですが、一部の眼科や美容外科などで、まつ毛美容液の成分としても処方されています。単なるまつ毛美容液ではなく、抗がん剤治療によって失ったまつ毛の、修復・育成にも使用されるお薬のため、より積極的なまつげのボリュームアップに、効果的にお使いいただけます。ルミガンは、同メーカーが販売しているラティッセと同様の成分ですが、ルミガン単体にはアプリケーター(アイブラシ)は付属しておりませんので、すぐに使い始めることができる、お得なブラシとのセットがおすすめです。

ルミガン3箱+充血除去目薬セット


2019_05_16



ルピトロス(トラボプロスト)点眼薬


ルピトロス(トラボプロスト)点眼薬


ルピトロス点眼薬は、緑内障治療薬トラバタンズ点眼液0.004%のジェネリック医薬品です。

使用することで高くなってしまった眼圧を下げ、緑内障の症状を改善することができます。

ルピトロス点眼薬はLupin Limited (ルピン)によって製造・販売されています。

ルピン社は、世界的に新薬、ジェネリック医薬品、バイオテクノロジー製品、原薬の研究開発および販売を幅広く展開している革新的なインドの医薬品メーカーです。

特に循環器、糖尿病、喘息、小児科、中枢神経、消化器、抗感染薬、非ステロイド系抗炎症薬の領域に特化し、抗結核薬領域においては世界市場をリードしています。

ルピン社は収益においては、世界第8位(2017年12月31日付Bloomberg LTM)であり、2017-2018会計年度(2017年4月1日~2018年3月31日)における連結売上は、155,598 百万ルピー(24.1億米ドル)、純利益は2,513百万ルピー(39百万米ドル)です。

日本でもルピン社は展開しており、ルピングループである共和薬品工業株式会社が日本の医薬品業界で活動しています。

ルピン社の製造するジェネリック医薬品は高品質なものが多く、先発品と同等の効果を得ることができます。

ルピトロス点眼薬を使用することで緑内障を治療し、将来起こるかもしれなかった失明などの重篤な症状の発症を予防することができます。

ルピトロス(トラボプロスト)点眼薬


2019_05_16


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ




page
top