FC2ブログ




ニーム泡洗顔フォーム


ニーム泡洗顔フォーム


ニーム泡洗顔フォームは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された洗顔料です。

泡立てやすいフォーム剤タイプとなっています。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

洗顔することで抗菌作用・殺菌作用を得ることができ、ニキビや皮膚感染症の改善・予防効果が期待できます。

ニーム泡洗顔フォームは、主に以下を配合しています。

Neemニーム
Turmericターメリック
ニームは抗菌性を備えた有名なスキンケア成分です。

ニキビや火傷、潰瘍などから起こる細菌感染を予防することができ、肌を健康的な状態にキープします。

ターメリックは古くから消毒剤として使用されている成分です。

抗菌・抗炎症効果が期待でき、こちらもお肌を健康的に保つ効果が期待できます。

ニーム泡洗顔フォーム


スポンサーサイト



2019_10_12



デュアックジェネリック(ダラシン+ベンゾイル)


デュアックジェネリック(ダラシン+ベンゾイル)


デュアックジェネリックは、尋常性ざ瘡治療薬です。

尋常性ざ瘡は いわゆるニキビのことです。

ホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌が原因の1つとされ、毛包内の皮脂貯留と角化異常を特徴とします。

さらに、アクネ菌やブドウ球菌などの細菌類が増殖すると、赤みや腫れがいっそうひどくなり炎症性皮疹(赤ニキビ)へと悪化します。

ニキビは病気というより、ひとつの生理現象といえるかもしれません。

軽いものが数個程度でしたら、洗顔を中心としたセルフケアで治癒が可能です。

しかし、患者によっては大きく赤く腫れたニキビがたくさんできて、あばた状の跡を残してしまうことがあります。

このような場合は、過酸化ベンゾイルや外用抗菌剤、またはアダパレン(ディフェリンゲル)などによる治療が推奨されています。

このお薬そのようなニキビを治療するのに推奨されている2種類の有効成分が配合されています。

1つはアクネ菌など細菌類の増殖を抑制する抗生物質のクリンダマイシン、もう1つは殺菌作用と角質剥離作用をあわせ持つ過酸化ベンゾイルです。

両方の作用により、非炎症性皮疹(白ニキビ、黒ニキビ)から炎症性皮疹(赤ニキビ)への進展を防ぎ、ニキビの数を減少させることができるのです。

デュアックジェネリック(ダラシン+ベンゾイル)


2019_10_12



スキンフィット|JIVA


スキンフィット|JIVA


スキンフィットは、インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて製造・販売されている皮膚トラブル解消サプリメントです。

有名なアーユルヴェーダ生薬を数多く配合しており、天然成分のみで構成されているにもかかわらず皮膚の状態を正常に整えあらゆる皮膚トラブルを解消する効果があるといわれています。

とくにスキンフィットに含まれているアーユルヴェーダ生薬のなかでもお肌に効果があるものとしてニームがあります。

ニームは、傷の治癒を促進するトニック・収斂剤として使われてきました。

皮膚のかゆみ、皮膚の感染症、足の裏のひびわれ、皮膚の損傷、ふさがりにくい傷の改善のためにニームは使用されています。

スキンフィット|JIVA


2019_10_12



ディフェリンゲル


ディフェリンゲル


ディフェリンは、日本でも承認・販売されているニキビ治療薬です。

ニキビを専門的に「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といいます。

皮脂の過剰分泌が原因の一つとされ、皮膚が角化し毛穴がふさがると内部に皮脂が充満し、面ぽう(コメド)を形成します。

いわゆる白ニキビまたは黒ニキビの状態です。

このお薬は、尋常性ざ瘡を治療する塗り薬です。

皮膚の角化を抑制し、ニキビをできにくくします。

新たなニキビの形成や進展をおさえるので、どちらかというと軽いうちに向いています。

大きく腫れあがっ炎症性皮疹(赤ニキビ)を直接治す作用はありません。

ディフェリンを1日1回洗顔後に気になるニキビに塗ることで、ニキビを治療することができます。

新たなニキビの形成や進展をおさえる効果もあります。

ディフェリン(一般名:アダパレン)は、フランスのガルデルマ社で創製された新規ナフトエ酸誘導体の外用尋常性ざ瘡治療剤です。

有効成分アダパレンは化学構造上の分類は天然のレチノイドとは異なりますが、細胞核内レチノイン酸受容体(RAR)に結合し、RARの標的遺伝子の転写促進化を誘導することによりレチノイド様作用を示し、表皮角化細胞の分化を抑制します。

ディフェリンは、非炎症性皮疹(開放面皰、閉鎖面皰)数、炎症性皮疹(丘疹、膿疱等)数及び総皮疹数の減少効果を示したことから、1992年フランスで0.1%液剤が 「尋常性ざ瘡」の効能・効果で承認されました。

その後ゲル製剤が1994年に欧州で、1996年に米国で承認され、現在、世界83ヵ国で承認されています(2017年7月時点)。

日本では、1999年にガルデルマ株式会社によりゲル製剤での臨床試験が開始され、総皮疹(非炎症性皮疹及び炎症性皮疹)数の減少効果が認められたことから、承認申請し、2008年7月に「尋常性ざ瘡」の効能・効果で製造販売承認を取得しています。

ディフェリンゲル


2019_10_12



エピデュオゲル


エピデュオゲル


エピデュオゲル(Epiduo Gel)は、尋常性ざ瘡(ニキビ)治療成分であるアダパレンと過酸化ベンゾイルを含有する塗り薬です。

使用することで、アダパレンのレチノイド様(ビタミンA様)作用による皮膚のターンオーバー促進と、過酸化ベンゾイルの抗菌作用および角層剥離作用によって、1日1回の投与でニキビを強力に治療することができます。

エピデュオ(EPIDUO)のEPIはepidermis(表皮)が由来であり、DUOは dual active ingredient(二つの有効成分)、dual mode of action(二つ/二重の作用機序)から命名されています。

二つの有効成分・作用機序から命名されるだけあり、有効成分であるアダパレンと過酸化ベンゾイルはお互いの効果を高めあっているので、使用することで良好な治療効果が期待できます。

エピデュオゲルは2007年9月に欧州で承認されて以来、2016年2月現在、世界60ヵ国で承認されています。 日本でもエピデュオゲルは承認されており、多くの医療機関からニキビに悩む患者の治療のために処方されています。

エピデュオゲル


2019_10_12


11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ




page
top