FC2ブログ



薬も止められる 自宅喘息療法

喘息の薬は喘息そのものを治療して完治させようとするものではなく、
一時的な対処療法にしか過ぎません。
薬で治療をすることそのものを否定するつもりはありませんが、
実際に、日本では毎年約3,300人前後の喘息の発作による窒息死の方々がおられます。
有名人では以前、歌手のテレサ・テンが40代で亡くなりました。

喘息の死に関しては、薬を正しく使用しなかった場合の死亡も含まれていると思いますが、
私は喘息治療については、西洋医学では限界があるのではないかと考えています。

その理由は、喘息を治療するためには、喉の炎症を抑えることも大切ですが、
それよりも、本来の原因である、アレルギー体質を改善することの方が重要なのです。

私のもとに相談にいらっしゃる人たちのほとんどが、薬を使った治療法に不安を持っている方や、
長期的な治療や入院による高額な医療費で悩んでいる方も多いのです。

「喘息を改善させたいけれど、毎日副作用を気にしながら、薬を使って根気強く治療するには抵抗がある」
「喘息を改善させたいけれど、いつ起こるかわからない発作に脅えながら長期間医療費を掛けることは辛い」
「喘息の薬を使っていた知人が発作で亡くなってしまったので、自分も不安だ」

あなたもこんな気持ちになったことはありませんか?

薬を使った喘息治療は、今では手軽に行われているので、安全だと思うかも知れませんが、
本当に安全だと言い切る事は出来ません。

実際に、喘息治療の副作用で悩まされている方は大勢いるのです。

薬を多量に使用したり、長期的に使用することで起こる代表的な副作用の病気を列記してみます。


【局所的な副作用】
・嗄声(声がれ)
・咽頭刺激症状
・カンジダ症(口腔・咽頭・喉頭・食道)
・口内乾燥

【全身的な副作用】
・感染症の誘発、感染症の増悪
・副腎機能不全
・糖尿病
・消化性潰瘍、膵炎
・精神変調、うつ状態、痙攣
・骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死
・緑内障、白内障
・血栓症
・小児の発育遅延

このように、薬を長期的に使用すると、上記の副作用が必ず出るわけではありませんが、
薬の使い方を一歩誤ってしまうと、取り返しが付かなくなってしまうことがあるのです。

薬も止められる 自宅喘息療法

「喘息の発作による窒息死に対する恐怖がある・・・」
「毎日安心して寝られる生活を送りたい・・・」
「薬に頼る生活から抜け出したい・・・」
「いつ起こるかわからない発作に脅えながら長期間医療費を掛けることは辛い・・・」
「喘息の薬を使っていた知人が発作で亡くなってしまったので自分も不安だ・・・」

中国に渡り、北京中医薬大学で鍼灸治療を学び、日本に帰国後20年以上、数多くの患者を治療してきた、北京堂鍼灸治療院 院長の浅野周さんが、薬なし・通院なしで自宅で出来る喘息治療法を初公開しました。

薬も止められる 自宅喘息療法


スポンサーサイト



2017_02_10





「具体的にどうすれば良いですか?」

この方法をあなたに直接お伝えしたいのですが、
私は毎日、治療院で患者さんの治療にあたっていますので、直接お伝えするのには限界があります。

そこで、喘息でお悩みのあなたの為に、
この「薬も止められる自宅喘息治療」を全て公開する分かりやすいDVDを制作致しました。


>>> 薬も止められる 自宅喘息療法


誰にでも治療が出来て、副作用がなく治療道具が薬局でも簡単に入手できる画期的な喘息治療法です。

薬を使った喘息治療では、子供の頃から長期間喘息で悩まれているという方が沢山います。一方で、私の考案した喘息治療法では、その長期間喘息で悩まれている方であっても、喘息が改善しています。 なぜそれが可能なのかを徹底的に解説していきます。

例えば、喉に炎症がある場合、一般的な病院での診察は、問診や視診、レントゲン等で、喉の腫れや痛みを確認し、喉の痛みを抑える薬や、炎症を鎮める薬を出して終了です。 それ以上、喉以外の部位を調べるようなことはしないのです。 本来、身体というものは全て繋がっているのです。部分的な治療をしただけでは治らないのは当然なのです。 私の治療法では、原因を根本から取り除くからこそ、喘息を改善できるのです。

あなたは病院で喘息についてきちんとした説明を受けたことがありますか? なぜ喘息を引き起こしてしまうのか、その原因をしっかりと理解しないと、 喘息の症状はいつまでたっても改善できません。

喘息の発作のときは仕方がありませんが、薬には必ず副作用があります。 副作用のない薬はないのです。薬に頼らず、正しい方法で喘息を解消して下さい。

もし、あなたのお子さんが、小児喘息で苦しまれているのでしたら、薬を使わず副作用がまったく無い、この喘息治療法をぜひお試しになってください。 もう夜中に発作で苦しんでいる姿を見なくて済むことでしょう。

慢性的な喘息を引き起こしている人には幾つかの共通点があります。 その共通点こそが、喘息の原因を生みだしているのです! ですから日々の生活の中で、その共通点を改善するだけでも、喘息は改善されていきます。

対症療法というのをご存知ですか? 熱が出れば解熱剤で熱を下げ、頭が痛くなれば鎮痛剤で痛みを緩和し、 肝臓が悪ければ肝臓だけを治療するというのが対症療法です。 症状に合わせた的確な治療法と思いがちですが、それは一時的に症状を抑えているだけで、全く根本的な治療にはなりません。 本来、原因があって結果(症状)があるはずなのに、本当の原因を探し究明することすらしていないのです。


>>> 薬も止められる 自宅喘息療法


私が考案した、喘息治療法は、薬を一切使わずに誰でも出来る方法で、喘息を根本から改善することができる治療法です。 自分の好きな時に継続して行うことが出来る方法なので、たとえ症状の重い方でも、続けて行って頂くことで、効果が期待出来るでしょう。

喘息で怖いのは、突然発作に襲われ、命に関わる場合があります。 発作は夜中寝ている時であっても襲ってきます。 喘息の根本的な治療をして、薬をいつも切らさずに肌身離さず持っている生活は、今日で終わりにしませんか?

喘息で病院を1回受診すれば、薬代を含め、2千円前後(保険適用で3割負担の場合)の治療費が掛かります。 長期的な治療となった場合は、数十万円単位の治療費となってしまい大きな負担になってしまいます。 この喘息治療プログラムでは治療道具代の他に今後一切お金は掛かりません。 しかも治療道具は薬局やスーパーで売っている安価なものです。 オススメの治療道具も紹介しています。



この喘息治療法を私が行った患者さんでは、現在のところほぼ100%の方が喘息を改善されています。 喘息発作が酷い方でも呼吸できるようになったり、今まで減感作療法で治らない患者さんが、3回程度の治療で改善した実績もあります。


以上のことを知って頂くことにより、
あなたの喘息は解消され、夜も安心して寝られることでしょう。

もう、これからは薬を使い続ける必要はもうありません。
発作も起こらなくなり、健康な人と同じようにスポーツを楽しんだりすることも出来るようになることでしょう。


>>> 薬も止められる 自宅喘息療法


喘息を解消出来ずに薬を使い続けている人と
喘息を解消して、発作を気にせず、健康的な生活をしている人

その違いは、上記でお伝えした方法を知っているか、知らないか、それだけの違いだったのです。

つまり、知識さえあれば、酷い喘息で悩んでいる人でも解消させる事が出来るのです。

あなたも、10日、1か月と実践していくうちに、
自然と喘息の発作に脅えることなく、毎日安心して生活が送れていることを実感するでしょう。

喘息の発作が起こらなくなると、人生が一気に明るくなりますよ。


現在までに、この喘息治療法を実践して頂いた方はほぼ100%喘息が改善されており、 多くの方が実践後、発作が起こらなくなった事にとても驚き、同時に感激の声を頂いています。
この方法を繰り返し実践して頂ければ、効果は日々様々な形で現れるでしょう。


この喘息治療法を実践するにあたり、難しい知識や技術が必要なものは一つもありません。
ビデオを見ながら、ただ真似るだけでいいのです。
しかも、お金もほとんど使わずに、道具も薬局やスーパーで売っている安価なもので十分です。


あなたは今までにいろいろな病院を試して受診された経験がおありになると思います。 そして、大抵の病院では薬を使う治療をしてきたはずです。この喘息治療法は、世間一般的に出回っている方法とは全く異なります。
私が中国に渡り、北京中医薬大学で鍼灸治療を学び、その後沢山の中国の医学書を翻訳していく中で、学び得たノウハウであり、この方法で治療を行っている病院は、北京堂治療院に繋がりのある治療院に限られているのです。

もし、あなたが喘息治療を諦めかけているとしても、諦めないでください。
この喘息治療法を自宅で繰り返し行って頂くことで、効果を実感して頂ける内容となっております。


>>> 薬も止められる 自宅喘息療法


2017_01_12


11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ




page
top