FC2ブログ



私が50,000人の頭皮を見て来て分かった事は、頭皮を健康な状態にして、
そこから正しいマッサージケアをする事によって、太くしっかりした髪は育つと言う事です。

このサイエ式発毛法は1日5分から出来て、毎日コツコツ続けて行く事によって抜け毛も食い止めて、
髪の毛が生える土壌を作っていきます。

これは頭皮ケアの基本中の基本であると同時に原理原則です。

いくら高いシャンプーを使ったり、高い育毛剤を使っても頭皮が正常でなければ何をやっても
浸透しませんし意味がないので、まずは頭皮土壌を整えてあげる事がスタート地点です。


頭皮を正常に整えてあげることで初めて育毛剤が効果を発揮します。


※「サイエ式発毛術でカチカチの抜け毛頭皮を正常にしていきます。」

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

頭皮がカチコチにコリ固まっている人は頭皮環境が正常でない証拠です。

試しに、あなたの頭皮を今触ってみて下さい。

どうですか?

ちゃんと、頭皮が柔らかいですか?

抜け毛を防いで、太くしっかりした髪を育てるには、土壌が柔らかい状態になっていないといけません。

「それは知っているよ」という人も多いと思いますが、
実際どのようなアプローチをしたら良いのか分からないのが本当の所じゃないでしょうか?


そして、もう一つここで言えるのは、表面的に指でほぐしたりするだけでは意味がないと言う事です。

あくまで、毛根までじっくり働きかけて、毛根をイキイキとよみがえらせる事がとても重要なのです。

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

また、この場合も1日5分のサイエ式マッサージで解消できるのですが、
今回自分で行うこの方法は育毛・発毛の基本中の基本の方法です。

この方法で髪をフサフサにしていくんです。
本当にツルツルの状態でも発毛は可能です。
ハゲのカリスマですから、そういう状態の人でも私は再生させてきました。

ですので、どのような頭皮状態でも問題なく生えてきます。

太くしっかりした髪が生えてこない人というのは、毛根が閉じてしまっている可能性があります。

よく相談される内容で「私の毛根は死んでしまってるのでしょうか?」
という事を聞かれますが、頭皮の毛根が完全に死んで無くなる、と言う事はありえません。

いくらツルツルの人でも毛根はしっかり残っているものです。


ただ、毛根が閉じてしまっていると髪が育たない土壌になりますので、
これをぎゅっと開いてあげる必要があるのですね。

この開かせるコツが「サイエ式育毛発毛法」の基礎なのです。

抜け毛を減らして、しっかりした新しい毛を再生するには、
この方法をおこなっていくのが最短ルートなのです。

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

これは、何も大げさな話ではありません。

そもそもカツラなどで有名な大手は何度もお店に来てもらう事を商売としてますし、
広告費が莫大なので最終的には高級車が購入出来るくらいの金額になってしまいます。

また、その効果もちゃんと期待出来るのかというと疑問が残ります。

それと巷で言われている正しいシャンプーの仕方やマッサージの方法、
シャンプーの選び方など、言っている事がどれも様々で、一体どれが本当に正しい情報なのか
分からなく混乱して、ますますハゲてしまいます。

正しい「育毛発毛の知識」
これを教えてくれる人はこの日本には誰もいないのが現状なのです。

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム


スポンサーサイト
2017_01_30




あなたは人に対して髪が薄くなってきたね、とかハゲたねとか言えますか?

私は言えません!

絶対に見て見ぬフリをします。

しかし、私は言われてしまったんです!「髪が薄くなってきたな」と。。!

はっきりと言われた時は「え!?」そんな事を言われる訳がないと、自分の耳を疑いました。

自分なら絶対にそんな事は言えないし、言ってはならない事だろうと、そんな禁句を言ってしまってどういう神経をしてるんだ!?

と逆に相手の神経を疑ってしまいました。

次はあなたの番です!

今すぐ決断して「ハゲを治そう!」を実行して下さい。あなたには明るい未来が待っています。

実行するのは今です! あなたにもできます! 一緒に頑張っていきましょう!


このマニュアルの内容の一部を紹介します



>>>> 「ハゲを治そう!」






2017_01_07


05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ




page
top