FC2ブログ




オキュガードブルテインプロテクション(OcugurdBluteinProtection)



オキュガードブルテインプロテクションは、デジタル機器から発生するブルーライトによる目の疲れをケアするサプリメントです。1日1粒で、健康な視界をサポートします。

私たちが日常で使う携帯電話やパソコンなどのデジタル機器のモニターからは、ブルーライトと呼ばれる青色光が放出されています。このブルーライトは目にダメージを与える原因を含んでいるとされ、デジタル機器を2時間使うことで、目の疲れやドライアイ、肩こりや疲労を起こすリスクが高まるといわれています。

オキュガードブルテインプロテクションには、ルテインやゼアキサンチン、アスタキサンチン、ブルーベリーエキスなど、目の健康に有用とされる成分が複数配合されています。これら有用成分にはオキシダントケアへの作用が期待でき、ダメージの原因にアプローチしてブルーライトの影響から目を守ります。また、見えやすさの改善にも働きかけます。

パソコンやスマホなどが生活の一部となっているデジタル時代の今、オキュガードブルテインプロテクションは目の健康維持に欠かせないサプリメントです。

オキュガードブルテインプロテクション(OcugurdBluteinProtection)


スポンサーサイト



2019_11_13



ケアプロストプラス0.03%(チモロールマイレン酸塩5%入り)





ケアプロストプラスは、緑内障・高眼圧症治療薬です。ケアプロストの有効成分であるビマトプロストに加えて、チモロールマレイン酸塩を配合しています。

ケアプロストプラスは、眼内の圧力を下げ緑内障の治療に使用する目薬です。

ケアプロストプラスの有効成分であるビマトプロストは、体内の生理的な物質であるプロスタグランジンの誘導体です。眼球を満たす液体である房水の流出を促進させることで、眼圧を下げ、緑内障における視野の悪化を抑えます。また、もう1つの有効成分であるチモロールマレイン酸塩は、交感神経の特定部位(β受容体)を遮断することで、房水の産生を抑えます。

有効成分・ビマトプロストは、まつ毛を育毛する副作用があることから、一部では睫毛貧毛症の治療に応用されている成分でもあります。

ケアプロストプラスは、緑内障・高眼圧症に使用する目薬です。それ以外の用途で使用する場合は、必ず医師・薬剤師に使用方法についてご確認ください。

ケアプロストプラス0.03%(チモロールマイレン酸塩5%入り)


2019_11_13



クララスティル(Clarastill)



【クララスティル(Clarastill)】は、白内障の症状を改善する目薬となります。
白内障とは、加齢にともない細胞内の酸化防止剤が減退し、酸化が進むことにより目の水晶体が傷つき白濁する症状です。
また最終的には失明にまで至ることもあります。

クララスティル(Clarastill)の有効成分「Nアセチルカルノシン」は、人間の細胞内で複合アミノ酸を生成し、強い酸化防止剤(カルノシン)の働きをもたらします。

点眼後、Nアセチルカルノシンは、人間の目の中でカルノシンに変化し、眼球の水溶液に直接入りこみ強力な酸化防止剤として働きます。
カルノシン不足が原因となり濁っていた水晶体は、充分な酸化防止剤を吸収し白内障の症状を改善していきます。

白内障の有効成分「Nアセチルカルノシン」は、現在、世界的に注目されているロシアのマーク・バビザエフ博士により発明され、白内障治療に高レベルでの治療効果をもたらす目薬です。

クララスティル(Clarastill)


2019_11_13



C-NAC(クララスティルと同内容)



C-NAC(N?アセチルカルノシン目薬)はクララスティルのジェネリックで、加齢による目の障害を予防し、老人性白内障を治療する画期的な目薬です。角膜の不具合、ドライアイ症候群、瞼裂斑、老眼、老人性白内障、原発性開放隅角緑内障など、さまざまな目の症状に使用できます。
ジェネリック(後発医薬品)ですので、クララスティルと同成分でありながら、容量がクララスティル(5ml)の2倍の10mlなので、断然にお得です。

老人性白内障の手術は安全な手術の一つと認識されていますが、実際は合併症の発生率も低くはありません。米国で白内障摘出手術をした方の30~50%が術後2年以内に、水晶体の後嚢に混濁化の症状が出ています。N?アセチルカルノシン目薬によって、外科手術なしで治療が可能となり、義眼ではなく、自分の目を保持することができます。

主成分であるN-アセチルカルノシンは、アジアおよびロシアで研究が盛んに行われており、白内障の治療に大変効果的であることが分かっています。実験では、1日2回6か月間、N-アセチルカルノシン目薬を投与した結果、老人性白内障を患う被験者のうち、88.9%がグレア感度を向上させ、41.5%が水晶体の透過率を向上させ、90%が視力を向上させました。

白内障は、水晶体たんぱく質とアスコルビン酸塩が長年にわたり交差結合すること(糖化)で、水晶体が硬化・色変することにより引き起こされます。房水(水晶体を取り囲む液体エリア)内では、天然の防衛機能をもつ抗酸化物質が加齢により減少するため、このプロセスが高濃度で進行していきます。

主成分のN-アセチルカルノシンは、L-カルノシンを目の房水に送り込みます。L-カルノシンはそこで天然の抗酸化剤として働き、水晶体のたんぱく質が、フリーラジカルによって酸化されるのを防ぎます。

C-NAC(クララスティルと同内容)


2019_11_13



ドルゾックス-T点眼薬(Dorzox-T)



ドルゾックス-T点眼薬(Dorzox-T)は、緑内障・高眼圧症治療剤(炭酸脱水酵素阻害剤/β‐遮断剤配合剤)です。有効成分のドルゾラミドとチモロールを含有しています。

ドルゾックス-T点眼薬(Dorzox-T)は、ドルゾラミドという目の毛様体に存在する炭酸脱水酵素を特異的に阻害して、房水産生を抑える薬と、チモロールという交感神経のβ受容体を遮断して房水の産生を抑える薬の合剤で、眼圧下降効果を高め、緑内障における視野の悪化を抑える目薬です。

ドルゾックス-T点眼薬(Dorzox-T)


2019_11_12


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ




page
top