FC2ブログ




ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%

ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%


ユニブロム点眼液は目の炎症性の症状を改善する点眼薬です。結膜炎や眼瞼炎、強膜炎や目の手術後の炎症症状の改善の目的で使用されます。薬剤の成分の一般名はブロムフェナクナトリウム水和物です。国内では同じ成分の点眼液としてブロナック点眼液が処方され使用されています。国内の薬剤であるブロナック点眼液は0.1%の濃度です。ユニブロム点眼液の成分であるブロムフェナクナトリウムは、非ステロイド性抗炎症剤というグループの薬剤です。このグループの薬剤には、経口薬であるロキソプロフェン(ロキソニン)やアセチルサリチル酸(アスピリン)などがあります。

ブロムフェナクナトリウム水和物は、使用する事で経口薬の非ステロイド性抗炎症剤と同じように炎症を改善の効果を発揮します。ブロムフェナクナトリウム水和物は、体内で炎症を引き起こすプロスタグランジンという成分が、炎症の部位で生成されるのを妨げる作用を持つ薬剤です。この作用によって点眼した部位での炎症の症状を軽減します。使用の際には薬剤を清潔に保つ為に、容器の先端が直接目に触れないようにご注意ください。

ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%


スポンサーサイト



2019_08_26



オロブルーOD点眼薬0.2%

オロブルーOD点眼薬0.2%


オロブルーOD点眼液はアレルギー性の結膜炎の症状を改善する薬剤です。
一般名はオロパタジン塩酸塩です。
同様の成分を含む国内の医薬品には、パタノール点眼液があります。国内のパタノール点眼液は0.1%の濃度ですが、このオロブルーOD点眼液は0.2%の濃度になっていることにご注意ください。
アレルギー反応によって目の痒みや充血、涙目などの症状が引き起こされるのがアレルギー性結膜炎です。痒みなどの症状は、くしゃみや鼻水の症状といっしょに、花粉症などの季節性のアレルギーに伴って引き起こされることも多くあります。
このような不快な目の症状がおこるのには、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる体内物質が関係しています。
この様な体内物質が脂肪細胞という細胞から放出される事で、アレルギーの症状がおこります。
オロブルーOD点眼薬0.2%は、点眼する事で目の粘膜でヒスタミンが働きかける先であるヒスタミン受容体の働きを妨げる他、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離されるのを妨げます。
この作用によって、アレルギー性の結膜炎の症状を改善する点眼液です。

オロブルーOD点眼薬0.2%


2019_08_26



イフ2点眼液

イフ2点眼液


イフ2点眼液は、アレルギー性結膜炎治療薬です。

充血やかゆみ、目やに等の不快なアレルギー症状を改善します。第二世代・抗ヒスタミン薬で、副作用が少なく、長期使用にも適しています。

イフ2点眼液


2019_08_26



フロモン(フルオロメトロン)0.1%

フロモン(フルオロメトロン)0.1%


フロモン0.1%は、眼の炎症性疾患の治療薬です。日本で広く使われているフルメトロン点眼液のジェネリック医薬品です。

結膜炎、角膜炎、光彩炎、ブドウ膜炎、術後炎症など様々な眼の炎症に対して効果があります。眼の炎症反応を抑えることによって、眼の痛みや腫れ、かゆみなどの症状を緩和してくれます。

主成分のフルオロメトロンはステロイドです。フルオロメトロンの配合濃度は0.1%で、現在日本で承認されている最高濃度となっています。そのため、強力な抗炎症作用が期待できる点眼薬です。

一方、フルオロメトロンは、点眼剤に使われている他のステロイドと比較して副作用が少ないことが確認されています。また、この成分の点眼液は、日本では1975年から使用されており、現在も様々な眼の疾患に使われていますので、十分な効果と安全性があると考えられます。また、フロモン0.1%は主成分が、眼の表面に留まりやすいように工夫されています。この工夫も効果が持続しやすいことと副作用が少ないことに繋がっているのでしょう。

しつまり、効果が高く、副作用が少ない点眼薬ですので、安心して使うことができます。ただし、長期間使用すると副作用が発現することがありますので、長期に使用することは控えてください。

フロモン0.1%は1本5 mLですので、およそ100滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が2~4週間分となります。

フロモン(フルオロメトロン)0.1%


2019_08_26



オプタケア点眼液

オプタケア点眼液


オプタケア点眼液とは、目の炎症や疲れ目など目の諸症状を改善するためのお薬です。

インドに本社があるヒマラヤ社という会社によって製造販売されています。このヒマラヤ社ですが、1930年に設立され、現在も存在する会社であり、約90年続く歴史のある会社です。インドで古くから根付いているアーユヴェーダの考えに基づいて天然成分を用いた製品を開発されており、スキンケア商品、妊婦用商品、医薬品など非常に多くの商品を製造販売しています。

オプタケア点眼液は、以下の症状に効果を発揮します。
・疲れ目(コンピュータ使用によるものも含みます。)、ドライアイ(目の乾燥)、急性及び慢性のアレルギー性結膜炎、急性及び慢性の細菌感染性結膜炎、目の炎症
有効成分は以下の通りです。
・Honey(蜂蜜):細菌や微生物などを取り除く作用を持っています。蜂蜜は粘度が非常に高いため、非常に高い浸透圧を持っています。つまり、目の表面に付着している細菌や微生物などをからめとる作用と考えてください。また、蜂蜜は酸性度の高い物質です。その酸の力によって、細菌や微生物を殺菌する作用があります。
・PersianRose(ペルシャローズ):ペルシャローズには、目に作用することで、目の細胞を冷却する作用を持っています。疲れ目(コンピュータ使用も含む)とは、目を酷使することで目の筋肉が硬くなったり、血流が集まることで発生します。例えば、運動後の足の筋肉痛と同じ状態が目に発生していると考えてください。したがって、冷却することで疲れ目を解消することができます。

オプタケア点眼液


2019_08_26


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ




page
top