FC2ブログ




アシトロム (ニクマロン) 2mg

アシトロム (ニクマロン) 2mg


アシトロムは血栓の塞栓による様々な症状の改善や予防に用いられる薬剤です。一般名はアセノクマロールです。アシトロムは国内では未承認の医薬品になります。アシトロムは体内でのビタミンKの働きを妨げる事で血液が凝固しにくくし、血栓ができるのを妨げる働きを持つ薬剤です。同じような働きを持つ薬剤にはワーファリンがあります。

血液が凝固するプロセスには多くの因子があります。このように血液が凝固するのは、外傷などで出血が起こった際に傷口をふさぎ、多量の出血を防ぐ身体の機構があるからです。一方で、血管の中で不適切に血液が凝固してしまうと血栓が生じ、血管内の血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こします。アシトロムのような抗凝固薬は、血液を凝固させる因子のうちでビタミンKを利用して血液を凝固させる因子に働きかける薬剤です。アシトロムがビタミンKの働きを妨げる事で、これらの因子は働けなくなり、血液を凝固させる事ができにくくなります。このようにしてアシトロムは血栓が生成される事を妨げ、様々な塞栓症を改善、予防します。

アシトロム (ニクマロン) 2mg


スポンサーサイト



2019_10_12



ワーフ(ワルファリン)5mg

ワーフ(ワルファリン)ワーフ(ワルファリン)5mg


ワーフ5mgは経口抗凝固剤です。

ワーフ5mgは、日本でも承認・販売されているワーファリン錠5mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

ワーフ5mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ワーフ5mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のワーファリンに勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

服用することで血液をサラサラにし、固まりにくくし、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわるような疾患の発症を予防することができます。

ワーフ(ワルファリン)5mg


2019_08_12



ワーフ(ワルファリン)2mg

ワーフ(ワルファリン)2mg


ワーフ2mgは血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防するためのお薬です。

服用することで血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となる血栓の形成を予防することができます。

ワーフ2mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

日本でも承認・販売されているワーファリン錠のジェネリック医薬品として製造されています。

注意点として、有効成分ワルファリンは、作用機序からビタミンK拮抗薬と呼ばれており、体内のビタミンKの影響を強く受けてしまいます。

血液凝固因子の合成に欠かせないビタミンKの働きを邪魔することで、凝固系の働きが抑制され、抗血栓効果を発揮するわけです。

そのため、ビタミンKの豊富な食べ物を摂取してしまうとワーフ2mgの効果が弱くなってしまいます。

納豆、クロレラ、青汁はビタミンKを大量に含んでおり、効果を弱めるので絶対に摂取しないようにしてください。

ワーフ(ワルファリン)2mg


2019_08_12



プラスドック(プラスグレル)10mg

プラスドック(プラスグレル)10mg


プラスドックは、動脈硬化などによって起こる血小板血栓の生成を防止し、脳梗塞などの血栓症の予防に効果を発揮します。有効成分プラスグレル塩酸塩が、血液の凝固に関するADP受容体の作用を阻害します。これによって、cAMPという血小板凝集(血液が固まる)を抑制する物質の働きが強くなります。その結果、血液がサラサラになり、血栓が作られにくくなります。

特に、動脈が固くなってしまう「動脈硬化」を発症すると、脂質が血管壁に沈着し、プラークが作られます。プラークが形成されると、その部分が傷つきやすくなるために出血しやすくなり、血栓の生成に繋がってしまいます。動脈硬化という言葉から分かる通り、この症状は主に動脈で起こります。血小板血栓は、血液の流れが速い動脈で生成されやすい血栓であるため、動脈硬化を発症している人は特に注意が必要となります。

血栓:出血した時、血が固まることで、ようやく傷の修復などを行うことができるようになります。しかし、血の塊が血管内で作られてしまうと、この塊が血管を詰まらせてしまうことがあります。血管内に作られる血の塊を血栓と呼び、血栓の生成が脳の血管を詰まらせると脳梗塞などを引き起こすようになります。

抗血小板薬の意義:出血時には、血小板の働きにより、血液が固まります。しかし、血液中で血小板が固まってしまうと、血栓が作られてしまいます。これを血小板血栓と呼びます。血栓による病気を防ぐためには、血小板が固まる過程を防ぐことで、血小板血栓の生成を抑えなければいけません。

プラスドック(プラスグレル)10mg


2019_08_12



シロスタゾール50mg(プレタールジェネリック)

シロスタゾール50mg(プレタールジェネリック)


シロスタゾール50mgは、血栓症の治療に用いられています。有効成分のシロスタゾールには血小板が集まってできる血栓(血液のかたまり)の生成を防ぎ、血液の流れを改善する作用があります。

また、慢性動脈閉塞症の治療にも有効です。慢性動脈閉塞症はその重症度で4段階にわかれています。慢性動脈閉塞症の初期症状は、足の冷えやしびれなどです。進行するにつれて少し歩くと足が痛くなる、じっとしていても足が痛い、足や手の指などが腐るなどと徐々に症状が悪化していきます。最悪の場合には潰瘍や壊死に至ることもあります。末梢血管拡張作用のあるシロスタゾールは、このような慢性動脈閉塞症の治療にも有効です。

シロスタゾール50mg(プレタールジェネリック)


2019_08_12


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ




page
top