FC2ブログ




セロケン25mg30錠


セロケン25mg30錠


セロケンは主に高血圧・狭心症・不整脈治療に用いられる有名なβ遮断薬です。
大手製薬アストラゼネカが製造販売しており、世界中の医療機関で人気があります。

有効成分はメトプロロール25mgで、薬学的には「β遮断薬」に分類されます。
セロケンは主に高血圧症治療で血圧を下げる目的で用いられることが多いですが、狭心症や不整脈などの循環器系疾患の治療にも有効であるため、特にこれらの疾患の合併時に選択されます。

セロケンは心不全に対しては本来禁忌とされておりますが、心臓の負担が減って予後が良くなるという有効性が明らかになっているため、心筋症や一部の慢性心不全の治療に専門医の判断で使用されることがあります。
更に、セロケンは片頭痛の予防薬としても応用的に使用されることがあります。

セロケン25mg30錠


スポンサーサイト



2020_02_01



セロケン50mg30錠


セロケン50mg30錠


セロケンは有効成分としてメトプロロール50mgを含有している有名なβ遮断薬です。
国内でも主に高血圧治療において多く使用されており、循環器科領域で人気の薬剤です。

高血圧治療の他、心拍を抑えて心臓を休ませる働きがあるため狭心症や不整脈などの循環器系疾患の治療にも有効です。

本来は心不全に対しては禁忌ですが、近年心不全治療のβ遮断薬の有効性が明らかになっているため、心筋症や一部の慢性心不全に対して専門医によって用いられることがあります。
また、片頭痛の予防薬として用いられることもあります。

本剤は国内では製造販売されていない50mg規格の徐放性製剤です。(国内で製造販売されているセロケンの徐放性製剤は120mgのみです。)
血中濃度が長く一定に保たれるというメリットがあります。

セロケン50mg30錠


2020_02_01



ロサルタン50mg


ロサルタン50mg


ロサルタンは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン�Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン�U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

ロサルタンには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またロサルタン(ロサルタンカリウム)は経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

ロサルタン50mg


2020_02_01



リシノプリル2.5mg


リシノプリル2.5mg


リシノプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はリシノプリルです。国内の同成分の医薬品には、ゼストリルがあります。

リシノプリル2.5mg


2020_02_01



ミカルディスプラス40mg


ミカルディスプラス40mg


ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。日本では、テルミサルタンが成分のお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し血管収縮作用を抑え血圧を下げる作用があります。高血圧症などの治療に服用されています。

ミカルディスプラス40mg


2020_02_01


04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ




page
top