FC2ブログ




ロサルタン50mg


ロサルタン50mg


ロサルタンは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン�Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン�U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

ロサルタンには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またロサルタン(ロサルタンカリウム)は経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

ロサルタン50mg


スポンサーサイト



2019_07_03



リシノプリル2.5mg


リシノプリル2.5mg


リシノプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はリシノプリルです。国内の同成分の医薬品には、ゼストリルがあります。

リシノプリル2.5mg


2019_07_03



ミカルディス(テルミサルタン)80mg


ミカルディス(テルミサルタン)80mg


ミカルディスは、アンジオテンシンIIという昇圧作用がある物質を抑制することで、血圧を下げる働きをする、アンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれるお薬です。有効成分であるテルミサルタンは、アンジオテンシンIIの持つ血管収縮と、ナトリウム保持作用を阻害することで、高血圧症の発症を強力に抑制します。また、アンジオテンシンII 受容体拮抗薬の中でも、半減期が最長の24時間もあるため、その効力が持続するとされています。アンジオテンシンIIとは昇圧作用を持つ物質です。アンジオテンシンIIには細動脈を収縮させる作用に加え、昇圧作用のあるナトリウムイオンを血中に保持するアルデステロンというホルモンを腎臓から分泌させる作用があります。これらにより血圧が上昇し、高血圧症が発症すると言われています。
高血圧症血圧が140/90mmHg以上の高血圧症である人は、日本では約3,000万人とされ、50歳以上の人では、2人に1人が高血圧症であると言われています。高血圧患者のほとんどが、本態性高血圧と呼ばれる、はっきりとした原因を特定できない高血圧症とされます。原因としては、食事での塩分過剰摂取やアルコール・運動不足・肥満・ストレスや疲労などが要因としてあげられる、生活習慣病の一つとしてとらえられています。頭痛、目眩、肩こり、むくみ、動悸、はきけ、耳鳴りなどの症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合自覚症状がなく、またそれらは高血圧症特有の症状ではないので、放置されがちです。このように、高血圧症は無症候のまま進行し、命に関わるような合併症(心肥大・動脈硬化・脳卒中・心臓病・腎臓病など)を引き起こすことから、サイレントキラーとも言われています。

ミカルディス(テルミサルタン)80mg


2019_07_03



ミカルディスプラス40mg


ミカルディスプラス40mg


ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。日本では、テルミサルタンが成分のお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し血管収縮作用を抑え血圧を下げる作用があります。高血圧症などの治療に服用されています。

ミカルディスプラス40mg


2019_07_02



ミカルディス40mg


ミカルディス40mg


ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、昇圧物質アンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑えることにより、血圧を下げる効果があります。高血圧症の治療などに用いられます。血圧を適切にたもつことは、脳卒中や心臓病、腎臓病のリスクを防ぐことにつながります。

ミカルディス40mg


2019_07_02


07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ




page
top