FC2ブログ




コルガウト (コルヒチン) 0.5mg


痛風とは、関節に溜まった尿酸が原因で起きます。痛風発作の時には、激しい痛みと腫れを伴うため歩けなくなることもあります。発作の引き金になっているのは、白血球の尿酸への攻撃と言われており、白血球が関節内に集まるのを抑制する作用があると言われています。
コルヒチンとは、イヌサフランという植物の種子で以前から痛風の特効薬として知られていました。コルヒチンには痛風の原因となる尿酸を抑える効果はないため、主に痛風発作の初期段階に効果があると考えられています。
成人の場合には、痛風の発作予感時に1回0.5mgを内服します。長期間にわたる予防的内服は、血液障害、生殖器障害、肝臓や腎機能障害、脱毛などの重い副作用を起こす可能性があるので推奨されていないので、基本的に発作時に頓用で使用します。
コルヒチンは、エリスロマイシンなどの抗生物質や抗真菌薬、肝炎治療薬や免疫抑制剤などと併用すると相互作用が起きる可能性があるので、すでに病院から処方された薬を内服している場合には確認が必要です。
コルヒチンは妊娠中に使用できない内服薬で、肝臓や腎臓の機能障害がある方、高齢の方、持病のある方も服用量を調整する必要があるため事前に医師に相談するようにしましょう。

コルガウト (コルヒチン) 0.5mg

スポンサーサイト
2019_04_14



【ヒマラヤ】シストーン(尿路結石)


シストーンはインドの有名サプリメントメーカーのヒマラヤ社が製造販売する健康サプリメントです。尿路結石などの泌尿器系の疾患やトラブルを予防改善します。

インド発祥の伝統医学アーユルヴェーダの知識と最新の医学のもとで研究開発されました。

有効成分は全て天然成分であるため、副作用がほぼなく安全性が高いです。

何種類もの天然ハーブが有効成分ですが、それらのハーブは結石を溶かす作用・結石の生成を抑制する作用・結石を体外に排出させる作用・利尿作用・抗菌作用・抗酸化作用など数多くの作用をたくさん持ち合わせています。

尿路結石ができやすい&尿路結石の再発を防止したい・泌尿器トラブルが多い&予防したい・尿酸値が高く結石ができるリスクが高い方にシストーンは特にお勧めです。

泌尿器系の健康を強力にサポートします。

【ヒマラヤ】シストーン(尿路結石)

2019_04_14



ユーロシットK徐放剤(クエン酸カリウム)1080mg


ユーロシットK徐放剤の有効成分であるクエン酸カリウムは、痛風や高尿酸血症が原因の尿の酸化を改善し、アルカリ度数を高める作用に働きます。 尿に含まれるアルカリ度数を高めると、結石の原因であるカルシウム塩の結晶化を阻止、溶かし易くなります。このような薬理で、尿路結石や尿細管性アシドーシスの治療にクエン酸カリウムは欠かせません。
尿路結石とは、体内で分泌される分泌液および消化液に含まれる成分の濃度が高まり、固まることで石化し、尿管や膀胱に蓄積される症状です。結石自体は腎臓、膀胱、前立腺、尿道、胆のうなどによく発症します。 尿路結石で尿管に石が溜まって詰まると尿が腎臓を圧迫して下腹部や背中、脇腹にかけて強い痛みをおこします。症状が強く出る場合は吐き気、嘔吐、血尿などの症状が出ることもあります。

ユーロシットK徐放剤(クエン酸カリウム)1080mg

2019_04_14



フェブリク錠ジェネリック80mg


フェブリク錠ジェネリック80mgは高尿酸血症治療薬です。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

フェブリク錠ジェネリック80mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防

フェブリク錠ジェネリック80mg

2019_04_14



ズーリッグ(フェブキソスタット)80mg


痛風は、風が吹いても痛いという理由から病名が付いているといわれています。足の関節や指に発作が起きると痛みで歩けなくなり、驚いて救急車で病院に来る方もいるくらいです。痛風では、血液中の尿酸値が高いため、関節内で結晶化し痛みや腫れ、赤みという症状が出ます。尿酸は、食事からの摂取や体内での産生過剰によって上昇することがあります。例えば、肉を食べるとその中に多く含まれる核酸からプリン体、キサンチンなどを経て尿酸が生成されます。そのため肉やプリン体が多く含まれるビールなどを合わせて摂取すると、より尿酸値が上がり、痛風発作をおこしやすくなります。

尿酸の代謝に不可欠な酵素として、キサンチンオキシダーゼというものが知られています。ズーリッグはキサンチンオキシダーゼのはたらきを阻害することにより尿酸の生成を抑える作用があると考えられています。尿酸を低下させる薬には、尿酸の生成を抑えるものと尿酸の排泄を促進するものがありますが、ズーリッグは尿酸の生成を抑えて、痛風発作を予防する薬です。

ズーリッグ(フェブキソスタット)80mg

2019_04_14


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ




page
top