FC2ブログ




ファシジン500mg


ファシジンの有効成分チニダゾールは、膣トリコモナス感染症の治療薬です。膣トリコモナス感染症とは、独特の痛痒さ伴う膣炎で、トリコモナス原虫が膣内で増殖し炎症を起こす感染症です。膣トリコモナス感染症は、女性に限らず男性にも感染することがあります。感染を繰り返す疾患のため早期治療が必要な性病です。

ファシジン500mg

スポンサーサイト



2019_04_04



メトロジール(メトロニダゾール)400mg


トリコモナス感染症や嫌気性菌による感染症を治療します。
アモキシシリン・クラリスロマイシンおよびプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合の治療法として服用されます。
メトロジールはトリコモナス感染症や嫌気性菌による感染症の治療薬です。

メトロジールの主成分であるメトロニダゾールは、病原微生物のDNAの二重鎖切断などの機能障害を起こし、増殖を抑えることで殺菌作用を示します。メトロニダゾールは2007年に、「胃潰瘍および十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症」の保険適応となりましたが、ピロリ除菌においては、従来の「三剤併用療法」が不成功だった場合にのみ限られています。

また、メトロニダゾールは、無酸素状態で増殖する嫌気性菌と呼ばれる細菌による様々な感染症にも効果があります。 嫌気性菌は、皮膚、口内、腸管、膣内等に存在し、腫瘍を形成したり、膿や組織懐死伴う感染症の原因となります。 主な嫌気性菌感染症としては、破傷風・ガス壊疽・ボツリヌス症・歯周病などがあげられます。

メトロジール(メトロニダゾール)400mg

2019_04_04



チニダゾール500mg


チニダゾール500mgはインドの大手製薬会社ザイダス・ヘルスケア社から販売されている抗原虫・抗菌薬で、主に抗トリコモナス薬として世界中で多くの使用されています。
古くからある薬ですが、現在でもトリコモナス症治療において多く選ばれる大人気の特効薬です。

トリコモナスとは原虫という単細胞生物の一種で、トリコモナスに感染すると様々な身体症状が現れます。
トリコモナス感染症の中で最も多く見られるのは膣・膀胱・尿道・前立腺にトリコモナスが寄生する性感染症です。
男性と女性で特徴が異なるので、以下にまとめてあります。

女性のトリコモナス感染症
膣炎のような症状が現れるため、トリコモナス膣炎と呼ばれます。
トリコモナス膣炎の主な症状は以下のような症状です。

悪臭を伴う泡状の黄色いおりものの増加
外陰・膣の刺激感
排尿時の不快感
強い痒み
膣壁発赤(膣の炎症)

男性のトリコモナス感染症
尿道・陰茎包皮・前立腺・精巣などにトリコモナスは寄生しますが、自覚症状はほとんどありません。排尿時にトリコモナスが排出されることもあります。
尿道の分泌物や炎症が非感染者に比べると多く、尿道炎のような症状が現れます。

チニダゾールはトリコモナス原虫を死滅させてトリコモナス感染症を完治させることが可能です。
また、トリコモナス感染症だけでなく嫌気性菌などの細菌性による腟炎などの炎症にも有効だと言われています。

トリコモナスの感染ルートは主に性行為で、オーラルセックスでも十分感染します。
また、同居家族間でタオルや便器などからの接触感染も稀に報告されています。
トリコモナスの潜伏期間は個人差がありますがおよそ3日~2週間です。
トリコモナスは性行為による感染力が強いため、自覚症状がなくてもパートナーが感染していれば両者とも同時に治療する必要があります。


チニダゾールは感染源の微生物の中で還元されてニトロソ化合物に変化し、強力な抗原虫・抗菌作用を発揮します。
また、この還元反応の途中でフリーラジカル(細胞を損傷させる活性酸素)が生成され、微生物のDNAの二重鎖を切断して機能障害を起こさせ微生物の分裂増殖を抑制します。
チニダゾールは殺虫的に作用するため根治治療が可能です。

チニダゾールは一般的な抗生物質とは全く異なる作用機序で原虫や細菌を駆除します。
国内にはトリコモナス以外の適応はありませんが、赤痢アメーバ・ディフィシル菌による感染性腸炎・ランブル鞭毛虫(ジアルジア)・毛包虫(ニキビダニ)・胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクターピロリ菌などにも有効だと言われています。

トリコモナスを治療せずに放置すると女性は卵管まで侵食され不妊症になる恐れがあります。男性は自覚症状が少ないために潜在感染者としてトリコモナスを周囲にばらまいてしまう恐れがあります。そのため早急な治療が必須です。
どちらかにでも感染が判明したら、パートナーと共にすぐに治療開始して下さい。

チニダゾール500mg

2019_04_04



V-ゲル(膣カンジダ症・トリコモナス膣炎治療ジェル)


V-ゲルはカンジダ症・トリコモナス膣炎などの膣トラブルを予防改善する作用を持つ、デリケートゾーンに塗布するタイプの女性向け外用ジェルです。
インド発祥の伝統医学アーユルヴェーダの思想に基づき、インドの有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が最新の医学知識・技術のもとで研究開発しました。

アーユルヴェーダはギリシャ・アラビア医学、中国医学とともに「世界三大伝統医学」といわれる有名な自然医学療法です。インドから世界中に発信されており、日本でもヨガやエステなどの美容分野でアーユルヴェーダが多く取り入られています。

アーユルヴェーダにおいてはは人間が本来抱えている自然エネルギーのバランスが心身に大きく影響すると考えられており、そのエネルギーに働きかけて心・精神・肉体のバランスを整え身体を癒し安定させることを目的としています。
治療よりも予防医学に重点を置いており、病気や不調の根本的な原因の排除、体質改善、健康維持増進・アンチエイジングやダイエットなどの美容などの目的も叶えます。

V-ゲルは特殊な商品で、女性のデリケートゾーン用の外用ジェルです。
デリケートゾーンに塗布することで、膣カンジダ症・トリコモナス膣炎・その他細菌性膣炎・子宮頸管炎などの膣トラブルを予防改善します。
V-ゲルに含まれる天然成分が抗菌・抗カビ作用を発揮し、デリケートゾーンの炎症や痒みを抑え、おりものの分泌を正常化し、治癒を早めてくれます。

V-ゲルの主な適応

膣カンジダ症
トリコモナス膣炎
その他細菌性膣炎
子宮頸管炎
術後膣感染症の治療
分泌物(おりもの)の改善
V-ゲルの有効成分はペルシャローズ・トリファラ・カルダモンという天然ハーブの抽出物です。これらのハーブはアーユルヴェーダにおいて重要なハーブで、古代から感染症や炎症疾患の治療などの良薬として広く重宝されてきました。

主な作用は抗菌&抗カビ作用・抗炎症作用・鎮痛作用などです。
これらの作用によって菌やカビ(カンジダ菌)が原因の膣・外陰部の炎症や子宮頸管炎の炎症を和らげ治癒を早めます。
V-ゲルを継続的に使用していると、痒み・灼熱感・痛み・不快感の軽減、おりものの正常化、外陰部の腫れや発赤の軽減などの効果を実感することができます。
感染症や膣炎の予防にも有効なので、日常的なデリケートゾーンケアにも適しています。

V-ゲル(膣カンジダ症・トリコモナス膣炎治療ジェル)

2019_04_03


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ




page
top